主夫の日々

まだまだ少ない主夫の立場から主に家事育児について発信しています。

【スポンサーリンク】

主夫にならなかったらわからなかったこと

その立場にならないとわからない。俺が主夫になって初めて知ったことをまとめました

シュフもいよいよ変化の時代。家事育児が一番だったのは昔の話で、これからは自分も同等に大事にするべき。

最近よく考えることがある。それは「シュフもアップデートする時代」だということ。発信を始めてから家事育児問題をずっと見てきたけど、残念ながら全く進展していない。それは以前の俺の主張もそうだったけど、この問題に対する意見は全て「相手をどうこう…

家事育児に非協力的な人の行動を変えるより、自分が極限まで楽をするのに力を使うべき。

ちょっと前までは「家事育児は大変だ!」とうるさいほど(笑)発信していた当ブログですが、現在は発信内容がちょっと変わってきています。どんな風に変わったかというと、(いつも読んでくれている人はわかると思いますが)「無理解層よ、理解しろ!」より…

現代のシュフが育児に強いストレスを感じるのはワンオペだからとか、子供が言うこと聞かないからではない。

先日久しぶりに一人で出かけたのだが、外出中の体感時間がいつもの外出の5倍くらいの感覚だった。まるで自分だけが人とは別の時間の流れの中にいるのではないかとすら思うほどに長かった。 今日はいつもより時間が長く感じるなぁと、カフェでゆっくりしてい…

夕飯の献立を「子どもがお腹一杯になれば何でも良い」にしたらすごく楽になった話。

毎日の料理、それは家事の中でも一際面倒な家事だ。特に夕食。朝食は正直何でも良いし昼食は家族の生活スタイルに合わせて給食だったり外食だったりするが、夕食は家で食べることが多い。そして家で食べるということは、それなりの物を作らなければならない…

家事を手伝う発言の是非。手伝うはただの言葉だが、聞く側の余裕の有無で意味が変わる厄介な言葉である。

今日もどこかの誰かが「家事を手伝う」発言をして、シュフの誰かから「自分の仕事でもあるのに手伝うって何?」という反応をされていることだろう。 発信を始めてから約3年間、何度も何度も見てきたやりとり。俺自身も記事中に「家事を手伝う」と書いて炎上…

子供のためにという呪縛。世の子育て論が親の幸せなど考えていないから親の苦労はなくならない!正しい子育てとは

先日本屋に行った時何となく育児関係の本を色々と見た。よく出てくるワードはやはり「子どものために」とか「子どもを幸せにするために」とかだ。どこを見ても子ども子ども子どもばかりで、どこにも「親」がない。これでは子育てとは子どもが中心で、親はま…

大黒柱という過去の負の価値観。今は夫婦で家事育児をするのが正解で、優劣を決めようとする時点で問題外である。

書籍化関係で取材を受ける中、ある方から「大黒柱」という言葉が消えてくれないかな…という話を聞いた。 これは以前書いた「同じだけ稼いだら家事育児代わってやるよ」という物言いと似ているところがある。 要するに「同じだけ稼いだら」や「大黒柱」などの…

子どもの将来就きたい職業とは?子どもに聞くべきは何の仕事をしたいかではなく、何が好きかである。

俺は子供に対して絶対聞かないようにしていることがある。それは将来何の職業になりたいかという「将来の夢」についてだ。今回はこの子供の将来の職業について持論を述べていきたい。 ※LINEスタンプ「専業主夫の日々」発売中! 子供に10年以上先のことを決め…

家事育児に理解のない発言がよく炎上するが、結局やらなければ表面すら理解できないのがシュフ業の難しさである。

自身初の書籍「主婦をサラリーマンにたとえたら想像以上にヤバくなった件」が発売されてから早3日。当日からTwitter・Instagramに購入報告が多数届いてとてもうれしいです。 本当にありがとうございます!!!!!! ▼Amazon▼ 主婦をサラリーマンにたとえた…

家事の一番の敵は自分自身である。あれもこれもと焦る心が家事の難易度を何倍にも跳ね上げている。

家事は何でこんなにも大変に感じるのか? 外から見たシュフ業が大変そうに見えないのは「家事一つ一つは簡単」だからだ。だが実際はそれらが大挙して押し寄せ、そして第二波・第三波と永遠に繰り返し押し寄せ続ける。個々の家事は簡単でも、これでは簡単では…

エッセイ漫画のまとめ記事。漫画のある記事なら家事育児に非協力的な人にも勧めやすいはず!

夫に〇〇の内容の漫画が載っている記事を見せたいのですが、見失ったのでタイトルを教えて下さいと言われることが最近ちょっとあったので、都度答えるよりも一つの記事にまとめたら教えるのも簡単だなと思い、今回まとめることにしました。 漫画なら家事育児…

家事育児の正しいやり方。シュフは適当を目指せ!家事も育児も諦めてからが本当のスタートだ!

「家事育児は何故大変なのか」 俺はこれをずっと考えていた。そして一つの答えにかつてたどり着いた。家事育児が大変なのは「諦めないから」なのだと。 とにかく大変、寝不足で疲れが取れない、忙しくて自分の時間がない、誰にも理解されず辛い…などなど、家…

子育てと家事は分離すべきだ。常にセットなこの2つを別々にできればシュフ業は楽になる。

シュフ業が何故こんなにも大変なのか? 理由を挙げればキリがないが、一番大きい理由はタイトルの通り「常に家事と育児がセットであること」だ。ということはこの2つを分離できれば、シュフ業は大分楽になるということ……なら分離するしかない。 ということで…

育児が大変な本当の理由とは?それは思い通りにならないからではなく、子どもを「子ども」として扱っているからである。

育児ノイローゼなんて言葉があるくらい、育児は大変である。まぁ人一人を育てるわけなんだから簡単なわけがない。でもそれにしたって育児の難易度は高過ぎないか?と、主夫1年目にはよく思ったものある。 …そう、今の俺は、育児を(大変なのは変わらないにせ…

家事育児と仕事の対比・育児におけるヒステリーは、仕事の上司の八つ当たりであり、つまり不可避なのである。

※タイトルだけを見ると「じゃあヒステリーは八つ当たりか!!??」となるだろうが、今記事で伝えたいのは全く違うので安心して読み進めてほしい。 以前こんな記事を書いた。子育てをしていると男女関係なく怒りっぽくなるという内容の記事だ。 漫画も付いて…

家事が楽になる方法とは?それは家事を時短することなどではなく、もっと根本的なことだ。

俺は現在主夫業とSNS発信の2つをどちらも仕事としてやっているわけなんだけど、これ普通にしていたら時間はいくらあっても足りない。シュフって家事して育児して1日が終わるのが当たり前だからだ。 では俺はどうやって時間を捻出しているのか。そんな時間が…

ワンオペ育児・家事の本当の原因。それは働く側の無理解でも、世間の「楽」という認識でもない。

我が家は働く側が妻であり、また専業主婦経験者である。俺よりも家事育児のことを熟知しているので、こう聞くと我が家はツーオペで、河内家の家事育児は簡単そうに思えることだろう。 だが実際はそうではない。それを今回書いていこうと思う。 ※LINEスタンプ…

【働く側が言われたい言葉】相互に感謝を言い合える夫婦関係を目指すことが結局自分のためになる

以前「夫婦は互いに感謝の言葉を言い合うのが大事」という記事を書いたんですけど、 その記事というか、漫画(Instagram)に「働く側はどう言われたら嬉しいのか」という質問が来ました。 www.instagram.com 【ブログ更新】「夫婦は互いに感謝の言葉を忘れな…

【スーパーに行きたくない】総菜はスーパーでなく弁当屋で買った方が良い理由。

最近書籍化作業でいつもより時間がなく、帰って来た子供の宿題を見たり、ちょっと相手をしていようものならあっという間に夕方だ。 いつも以上に家事の時短が必要であった。 そして時短できる最大の家事―それは言うまでもなく料理だ。 自宅では米を炊いて簡…

【料理は出来立てでなくても良い】料理の一番の効率化は「出来立て」を止めることである。

「料理は出来立てを食べて欲しい!」 以前そう言っていたことがあった… でもよく考えたらこれは作る側のエゴでもあると思った。出来立てが一番美味しいのは言うまでもないが、そのタイミングで食べるかどうかは正直食べる側の自由だ。 …という考えを受け入れ…

【家事の時間はもっとカット出来る!】ホットクックと中食を併用したら劇的に家事時間が減った件

かつて俺はこんな記事を書いた。 去年の年始に書いた記事だが、実際その後やったことはホットクックを導入することくらいで、他にやったことで大きいものはない。まぁホットクック導入も(決して安いものではないし)大きな変化ではあるが、それだけでは料理に…

【仕事と家事育児に共通する大切なもの】家族との時間が一番大事だということを、働くほど痛感する。

これはかつて自分が、そして今奥さんが感じていること。 働けば働くほど、仕事をするほど感じるジレンマ。 それはこの世で一番大切なのは家族との時間だということだ。 ※LINEスタンプ「専業主夫の日々」…の選考漏れイラストより 同じ苦労なら家族のために苦…

【シュフにおススメ家電ベスト3】とりあえずこの3つがあれば家事はかなり楽になる!

ブログを書いたり漫画を描く時間は一体どうやって確保しているのか?定期的に質問されるので答えていこうと思います。 理由は至って簡単であり、家電の力を借りているからです。ということで今回は俺がなくてはならないと思っている家電を紹介します! ※LINE…

【衝撃の事実】ネットに溢れる「簡単」「誰でも出来る」料理とは、ごく一部の人にとっての話だと気が付いた件

何度も書いているけど、俺は毎日の料理が苦手だ。 料理自体は嫌いではないが、毎日となると途端に面倒に感じる。これは大半のシュフがそうだと思う。 だからこそ時間をかけず何とか簡単に作れないかと、本やネットで調べるわけだ。そうすると「簡単!」「時…

【子育ての正しい心構え】子供が生まれる前は「理想の子育て」をしようと人は思うけど、実現するのはまず不可能

10年前長女が生まれる時、本屋で子育てのことを色々と調べた。そうして出てきた「理想の子育て」の数々。また職場の出産経験のある女性の先輩や、子育て中の男の先輩からアドバイスも受けた。 そうして俺達夫婦の「理想の子育て像」は確立されていった。 そ…

【家事を楽しいと辛いに別けるのは】家事の好き嫌いは時間の余裕で大きく変わる。

こんな俺でも家事を楽しいと思う瞬間がある。 いつもと違う食材を使ってサラダにアレンジを加えてみたり、普段掃除しない場所を念入りに磨いてみたり、育児だったら子供の相手をいつもより長くやったり… こんな状態の時はきまって「時間に余裕のある時」なの…

【正しい子育て?】長女をどう育てたのか?と聞かれるが、夫婦で育児をしたこと以外特別なことはしていない

先日の記事・漫画にたくさんの反応ありがとうございました! 「母のために弁当を作る長女の姿を見て、相手を思う気持ちがあれば家事も頑張れるんだなと再認識した話」長女は夏休み中母のために弁当を作ることを決意し、一度も休むことなく夏休み最終日まで作…

【聞かずに自分がやるが正解】育児において「パパとママどっち?」と子供に聞くのは相手への押し付けでしかない件

普段育児に専念しているわけではない働く側は、子供と接する時自信のなさからか子供に「パパとママどっちにする?」と聞くことがあると思う。俺も何度もそういう場面を見たことがある。友人宅で、親戚宅で、外で…とそれなりに目にする機会は多い。 でもこれ…

【シュフの美容室問題】家事育児で忙しい俺に美容室へ行くことを奥さんが提案。やはり夫婦はこうあるべきだろう

シュフになると家事育児に手いっぱいで自分のことになかなか時間を割けなくなる。時間を割くには誰かに家事育児を代わってもらうしかないので、つい後回しになりがちだ。 先月夏休みで常時家に子供がいる状態だった俺も美容室になかなか行けないでいた。そし…

【料理が上手くなるには】料理は慣れと向上心と家族からの感謝!これが揃えば大抵の人は料理が上手くなる!

サラリーマン時代から、家族のために料理を作っていた。料理は基本的に手をかければ美味しくなるもので、毎回家族は美味しいと言ってくれていた。 ところが主夫になって毎日料理を作るようになるとあることに気が付く。毎日手の込んだ料理など作ってはいられ…

【スポンサーリンク】