主夫の日々

まだまだ少ない主夫の立場から主に家事育児について発信しています。

【スポンサーリンク】

家事育児と仕事の対比・育児におけるヒステリーは、仕事の上司の八つ当たりであり、つまり不可避なのである。

 

※タイトルだけを見ると「じゃあヒステリーは八つ当たりか!!??」となるだろうが、今記事で伝えたいのは全く違うので安心して読み進めてほしい。

 

以前こんな記事を書いた。子育てをしていると男女関係なく怒りっぽくなるという内容の記事だ。

 

漫画も付いていないただのブログの更新通知ツイートとしては珍しく2000RTを越え、ありがたいことに半年以上経った今も定期的にTwitterやFacebookで記事がシェアされている。それだけ子育て中の親にとって「ヒステリー」とは、切っても切れない関係だということ。

 

 

シュフが何故ヒステリーを起こすのかについては上記記事を読んでもらうとして、今回は「ヒステリーは女性特有のもので育児に関係したものだと思われがちだが、実は仕事の現場でも日常的に起きている」ということについて書いていく。女性は感情的だなんだと決めつけている人はこれを読んで少しは反省しなさい。

 

f:id:s2m-k2h5:20191027192057p:plain
※LINEスタンプ「専業主夫の日々」発売中!

 

ヒステリーは育児に限った話ではない

ヒステリーという言葉を聞いてパッと思い浮かぶのは「いつも何かに当たり散らしていた母の姿」そういう人は多分多いと思う。でもこれってヒステリー=母親、女性

特有のものというバイアスがかかった状態で思い描くからなんだよ。

何故なら仕事の現場でも日常的にヒステリーを起こしている存在がいるからだ。それは誰かというとー上司だ。

 

仕事における上司の八つ当たり

上司が何故部下をくどくど詰めるか知っているだろうか?超簡単に説明すれば、それは「余裕がない」からだ。

・部下の失態の責任を取らされる

・部下の動きが悪く仕事が予定通りに進まない

・部下を自分の思い通りに動かすのは難しい

などなどだ。もちろん「ただの八つ当たり」みたいに他にもあるが問題はそこではなく、上記に挙げた3点が何かに似ているという点だ。

 

部下の失態の責任を取らされる

これを育児に置き換えると「子どもの起こした問題の責任を親(基本的にシュフ)がとる」ということになる。

電車内で子どもが泣いた場合に、他の乗客に迷惑をかけないように必死でなだめるのなんてまさにそう。また小学校に忘れ物を届けに行った経験のある親も少なくないのではないだろうか。 

部下の動きが悪くて仕事が予定通りに進まない

これを育児に置き換えると「子どもが予定通りに行動せず、家事が進まない」ということになる。

子どもがいつも14時に昼寝をするからそこで1日の家事の大半をする予定が、今日は昼寝せず尚且つ眠くてグズりなだめるので精いっぱいで家事に手が付けられない……なんてのは良い例だろう。

 

人(部下)を自分の思い通りに動かすのは難しい

これを育児に置き換えると「子どもは親の思い通りには全く動かない」ということになる。

ご飯を食べる時コップは端に置かないよう何度注意してもやらずに、何度も繰り返しコップをひっくり返すというのがもっとも適した例かな。

 

悪いのは本人ではなく育児というシステム

このようにヒステリー化という現象は、育児や女性だけの現象ではなく、仕事でも日常的に起きているのだ。ただ上司のヒステリーは上司のスペックにも左右されるから、全ての上司がヒステリー化するわけではない。部下をうまく動かし仕事をうまく回す上司も多いだろう。

だが育児ではそうはいかない。子どもは部下と違い常識のある大人じゃない。色んな事を覚えている過程だから何が正しいかがわからないし、どうすれば自分の思い通りに物事がうまく進むかも知らない。だから親の言うことが何だかんだいって正しいということもわからない。わからないから親の言うことを聞かず自分の思うままに行動する。

そして親は「ヒステリーな親」にまっしぐらとなる。

 

結局家事育児も仕事も同じだということ

人は余裕をなくすと何かに当たり始める。上司は部下に、シュフは家族に。でもチームが上司をフォローし仕事をうまく回せば上司の余裕は保てるように、家族がシュフをフォローすればシュフの余裕も保てることになる。

そしてこの場合のフォローとは何もシュフ並みに家事育児をしろということではない。最初はただ「家事育児は大変」だということを理解するだけで良いのだ。俺が「家事育児は大変だ」と発信したら、「わかってくれる男性がいることに救われる」という反応が多く来たように。

それに理解すれば自ずと動くだろう。それだけ家事育児は大変で、シュフから余裕を奪うから。

パートナー・親のヒステリーが嫌だというのなら、今すぐヒステリーというものを根っこから理解することだ。ヒステリーなんてそれだけで防げるのだから。

 

 

 

▼お金を稼ぐのは尊い行為だということについて、俺の例を挙げながらnoteに書きました。noteで公開済みのハウツー・コラムもこの記事にまとめています。

※noteではブログでは書けないセンシティブな内容や、SNSの運営方法について書いています。

 

★★★★★★★★★★

 

当ブログが本になりました!

文章メインですが、部下に置き換えてみたシリーズのリライト漫画や描きおろし漫画も掲載されています

 

▼Amazon▼

主婦をサラリーマンにたとえたら想像以上にヤバくなった件

主婦をサラリーマンにたとえたら想像以上にヤバくなった件

 

▼楽天▼

 

▼書籍について詳しく解説した記事▼

 

▼書籍化するまでの道程をまとめた記事▼

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

SNSの活動紹介

主夫と創作の2つの活動をしています。

 

家事育児などの主夫関係

TwitternoteInstagramLINEスタンプ

 

創作活動

TwitternotepixivBOOTHInstagramLINEスタンプ

 

【スポンサーリンク】