主夫の日々

男女関係なく家事育児がいかに大変かを男の立場から発信しています。

【スポンサーリンク】

手(主婦)湿疹に悩むシュフにおススメの洗剤を紹介する。

以前手湿疹(主婦湿疹)の記事を書いたのですが、その時にTwitter・Instagramで色々な洗剤や保湿剤、手袋をお勧めされました。おススメしてくださった皆様ありがとうございました。 そのおススメされた中で「ルックプラス バスタブクレンジング」というお風…

夫婦生活を快適に過ごすには、相手に期待し過ぎないこと、そして我慢することを「選ばない」のが重要である。

※LINEスタンプ「専業主夫の日々」…の選考漏れイラストより 相手に期待し過ぎない きっとやってくれるだろう。 きっとわかってくれるだろう… 人に期待することは生きていればいくらでもあるだろう。過ごす時間が長い配偶者にはなおさらだ。 でもはっきり言お…

家事育児は大変だと言う男性も徐々に増えてきたところで次の段階へ進もうと思います。

家事育児に理解のある男性が増えてきた 今日で毎日更新を始めてから234日経ちました。約7ヶ月ちょっとというところでしょうか。毎日毎日家事が大変、育児が大変、家事+育児はもう意味わからない!!と、よく続きましたよね笑 その甲斐あってかどうかはわかり…

シュフはキッチリより少しズボラである方が家庭は上手く回る。

日々シュフ業をしながら過ごすとよく思うことがある。それはシュフは「キッチリよりも少しズボラな方が家庭は上手く回る」ということ。俺は結構神経質なところがありきちんとしないとと思う方だったが、ズボラを意識するとストレスが驚くほど減ったのだ。 ※L…

SNSについては子供の方が大人の数歩先を常に行っているという話。

SNSで発信している俺もまだとっさに調べる時は検索を使うけど、子供達はもう検索で調べることはほとんどない。 長女はYouTube・Tik TokやTwitterを駆使して自分の疑問に自分で回答を導き出している。また次女もわからないとYouTubeの検索画面を出して「打ち…

子供を寝かせる時の絵本の読み聞かせが大事なのは、そこしか密に関わる時間がないから。要は子供と密に接することができれば何でもいいのだ

「子供に絵本を読んで聞かせることは大事なことである。」とよく言われる。脳の発達に良いとか子供の睡眠が深くなるとか、調べれば理由は色々出てくる。 でもそんなことよりも大事なことがある。それは「そこが一日の中で一番子供と密に接することのできる時…

カルディは魔性の館。カルディおススメ商品を紹介する!

◆昔にも似たようなカルディ記事を書いているのですが、それを今の好みに合わせてリライトしました。 カルディはなぜあんなに楽しいのか カルディが相変わらず楽しい。主夫になる前にも行っていたけど、あくまで奥さんの付き添いでしか行ったことがなかった。…

夜泣きは「いつ起きるかわからない」ことが恐怖。治まってもまた泣くかもと思いながら寝るので深く眠れないのだ。

夜泣きは強制的に起こされるのもしんどいが、「次いつ起きるかわからない」ところが一番大変な部分だ。夜泣きが治まって自分が寝る時に「朝までにまたあるかな…」と思いながら寝るのもかなり辛い。 諸外国では「夜泣きは放っておけ」という話もあるようだけ…

簡単な結い方ですら娘の髪を結べない…それが世の父親のイメージだということを知り愕然とした話。

主夫になり学校の先生や他の保護者と接する機会が増えてよく言われるようになったことがある。 それは「お父さん、髪を結ぶのが上手ですね」というもの。 最初はお世辞で言われていると思った。でも色んな人に言われたり、同じ人に何度も言われたり…。そして…

【ホットクックレポ】年に数回実家で手間暇かけて作っていた豚の角煮を、ホットクックは勝手に作ってくれる。

ホットクックレポ記事 今回は豚の角煮を作ってみた話を書きたいと思います。 漫画「AI家電の発達した未来」より 豚の角煮 思えば豚の角煮を自分で作ろうなんて考えたこともありませんでした。だって大変そうだし、時間もかかる。実家で母がたまに作っていた…

【子供の小遣い】親が子供に小遣いを渡すということは、親の干渉を受けずに子供が自由に使えるお金を渡すということだ。

子供に小遣いはあげるべきか。 小遣いをあげるとしていくらまでなら良いのか。 毎月金額を決めて渡すのか、お手伝いなどの報酬として渡すのか。 小遣いの使い道は子供に一任するのか、親が口を出すのか? これらはそれぞれの家庭で意見がわかれると思う。た…

育児している人に必要なのは豪華なご飯ではなく、子供を抱いてくれる誰かの存在である。

Twitterで子供を抱えながらラーメンを食べるイラストがバズっていた。それを見て次女の出産時に奥さんから聞いたことを思い出した。 次女を出産した時に入院していた病院で、退院前日に出る祝い善。しかし母子同室だったために、奥さんは次女を抱えながら食…

新しいものを否定する人はいつの時代もいるが、そういう人はとりあえず試す人と何十年分もの差が出てくるという話。

先日YouTubeを7年見続けた長女がどうなったかという記事を書きました。そして色々な反応が来ました。 一つはYouTube賛成派。子供に特に制限せずYouTubeを見せているという人達。 次にケースバイケースという反応。 最後に可哀想系。当然来るだろうと思ってい…

夫婦の家事分担率を均等に近づけることが夫婦喧嘩をなくす一番の方法である。

夫婦も元はただの他人。育ってきた環境も性格も違う二人が一緒に生活するのだから衝突するのは仕方がない。 でもそんなことはどうでも良いのだ。皆そうだから、そこをどうこうするのは無駄だ。結婚したからといって、相手の考えに100%合わせるのなんて不可…

離婚が面倒な婚姻制度に助けられているのは多くはシュフでなく「稼ぎ手」の方である。

女性は男性に比べて社会から様々な制限を受けやすい。 特に母親になるとそれらは無言の圧力となって女性にのしかかってくる。 育児は母親がやるものと考えている男性はまだ多く、キャリアが中断すれば経済的に自立することも困難だ。 そして経済的に自立して…

【スポンサーリンク】