主夫の日々

働く男性が知っておくべき家事育児の大変さを発信しています。

【スポンサーリンク】

【乳幼児育児中の睡眠時間】仕事や勉強で自分で夜「起きる」のと、授乳や夜泣きで強制的に「起こされる」のは辛さの度合いが全く違う。

「眠らない」状態と「眠れない」状態、この二つ似ているようで全く意味が違うことをきちんと理解している人はどれだけいるのだろうか… 先日次女の夜驚症が激しくて、ふと夜泣き時代の辛さを思い出したので書いていこうと思う。 「夜更かし」と「夜起こされる…

専業シュフの仕事とは子供の相手をただするだけではない。子供の相手をしつつ、子供の昼寝時間に1日の家事を詰め込むのがその実態である。

育児に携わったことがない人は「育児」と聞いてどんなことを想像するだろうか。 ほのぼのと子供がおもちゃで遊んでいる光景を横から笑顔で見続けることを育児と思っているだろうか。 はたまた子供が1人で遊んでいる横でスマホでゲームをすることを育児と思っ…

「休める時に休んで」と言われても、育児中はそもそも休める時間がない件。時間を捻出してもらわないとそもそも休めないのだ。

たまに会う友人達から「家事育児大変だろう?休める時に休めよ!」と言われることがある。 小さい頃は次女の検診の時にもよく言われたこの言葉だが、知り合いの育児中の人達に自分から言うことはない。 何故なら休める時に休もうにも「休めるほどの時間」が…

シュフが手抜きをすることが悪なのではなく、シュフの手抜きを許さない社会こそが悪だ。

「家事育児は大変だから手抜きをしたって良い」 こう発信すると決まって来る反応が2つある。 1つ目は「楽なんだからこれ以上楽してどうするんだ?」というもの。 これは明らかにシュフ業に従事したこともないのに、そう断言できる視野の狭さが凄い。 そして…

シュフが手を抜こうとすると甘えだとか怠けるなとか言い出す人がいるけど、皆そんなに真面目に仕事をしているの?

今までシュフは毎日大変だと何度も書いてきた。 自分も実際にやってみて家事育児がこんなにも大変なんだと痛感したし、まだまだ世間的にシュフ業=楽という認識だし、そうじゃないんだ!と発信してきた。 家事は面倒だし子育ては大変で、特に乳幼児の子育て…

家事育児に参加しない原因を仕事・会社にあると言うのは逃げでしかない。忙しくて出来ないなんてのはただの言い訳だ。

家事育児に無理解な人を批判すると、高確率で「いやいや仕事が忙しくて…」「会社が仕事を優先しろと言ってくるから…」と、できない理由をズラズラ並べる人がいる。それも大勢。 これは大体の場合、ただの言い訳だ。 いくら仕事が忙しくともやる人はやるし、…

冬休みがやっと終わった…子供の長期休暇はなぜ大変なのか?を家事育児をしたことがない人にもわかるように説明しようか

サラリーマン時代の俺は子供の春休み・夏休み・冬休みが楽しみだった。 何故なら会社に行く時に子供に見送ってもらえるからだ。 会社に行くのは当時心底嫌だったけど、子供の顔を見ながら家を出るといつもよりやる気が出たものだ。親とは単純な生き物である……

誕生日プレゼントに家電が嬉しくない理由。家電は確かに助かるけれど、「自分のもの」ではないのだよ。

今回も前回に引き続き家電の記事です。 というのも、お昼にいただいた引用ツイートが凄くわかるなあ…という感じだったのです。 キッチン家電を誕生日プレゼントにしてもらった時のあのモヤモヤした気持ちはそういうことよね。やっぱりそうよね。- 主夫の日々…

【食洗機誰が買う?】家族全員のための家電なのに、何故「シュフが働いて得たお金」で買わなければならないのか不思議でならない件

先日AI家電推しの記事をまた書きましたが、 この記事から派生したツイートに「専業シュフはお金がないから買えないのが辛い」というリプをくれた方がいました。 「買ってもらえない、専業シュフでお金がないから買えない」という反応が来る度思うのですが、…

家事育児に対して感じる大変さに男女差があるわけではないし、女性の方が向いているのでもない。今までただ押し付けられてきただけだ。

家事育児に男女の優劣は存在しない 「家事育児は女性の方が向いている」 「大変なのはお前が男だからだ」 俺が家事育児は大変だと発信すると定期的に来る反応だ。 まぁただのクソリプだ。 家事育児に対して男女で大変だと感じる度合いが本当に違うなら、男の…

料理は手料理!という人は、もはやAI家電の方がはるかに美味しく料理を作れる現状を知らずに損をしている件

料理は手料理!勢に聞きたい 食べる側でありながら「料理は手料理に限る」という人に理由を聞くと、「手作りじゃないと愛情が感じられないから」と返されることがある。 その簡単に口にされる「愛情」は、シュフの毎日の手間と膨大な時間の上に成り立ってい…

1人風呂の贅沢。子供が1人で風呂に入れるようになるまではシュフはゆっくり風呂に入る時間さえなくとにかく慌ただしいのだ! 

サラリーマン時代と主夫になってからで同じことをしているのに、全く状況が違うものが色々とある。 その一つが「子供を風呂に入れる」ということだ。 料理なんかもそうだが、今回は子供を風呂に入れることについて書きたいと思う。 子供を1人で風呂に入れる…

シュフが家事の全てをやらなければいけないわけではない。今年は積極的に手抜きをし、やらない部分を家族に担ってもらうべし。

新年四日目。 今年の正月も何だかよくわからないうちに終わってしまいました… 来年こそは正月くらいゆっくり過ごしたいと毎年大晦日に思いますが、叶ったことがありません笑 シュフが休むにはやはり思い切り手抜きをしたり、思い切ってやらない選択をしない…

家事育児の大変さから解放されるためには、本人の不真面目力と家族の理解が必要である。

新年三日目。 正月くらいシュフ業を忘れてのんびり過ごしたい…というより描きたい漫画が溜まっているので、のんびり過ごすというよりはずっと漫画を描いていたいというのが正しいかな。 でもそんなささやかな願いも叶わず正月が終わってしまいそうです。とい…

「年賀状・帰省・料理」をやめれば正月は楽になる

正月はシュフ業がなくとも色々と忙しい。 出していない相手から来た年賀状の返信の手配に、帰省によってイマイチ距離感が掴めない親戚との会話に、ただでさえ毎日やるから大変なのに「正月で目出たいから」と普段よりも気合を求められる料理… もうこれらは止…

【スポンサーリンク】