主夫の日々

主夫になって知った家事育児の大変さを発信しています。

【スポンサーリンク】

子供に手を振ってくれたり、声をかけてくれたり、道行く人の1人1人が子供に優しい社会を作るのだと思った話。

長女はもう親より友達を選ぶことが多くなったのであまりないが、次女を連れてその辺を散歩することは毎日のようにある。 そして次女は人懐っこいので、目があった人にとりあえず手を振ったりする。 そうすると老若男女問わず、沢山の人が振り返してくれる。 …

余裕があれば子供にイライラしないが子育て真っ最中の親にそんなものはない。あるとしたらパートナーが超協力的な場合のみだよね。

毎日主夫として家事育児に奮闘しているわけですが、たまにあっという間に夜になっていて、気付いたら布団の中に入っている…なんてことがあります。 それも身体はだるくぐったりして。 さっき起きたばかりな気がするんだけど…と、本気で思うことがあります笑 …

【夫婦も元は他人同士】夫婦喧嘩をすることは仕方ないけど、子供のためにも勃発した夫婦喧嘩は早期に解決したい。

この世で一番無駄なもの。 それは 「夫婦喧嘩」である。 夫婦喧嘩は犬も食わないとは本当によく言ったものである。 奥さんとは思ったことを何でも話す。 昔からそう決めている。溜め込んでも仕方ないから言いたいことはすぐ言おう、と。 不満なども隠さず言…

【子連れ外食の悩み】親は自分が食べたい料理より子供が食べたい料理を頼まなくてはならないのがキツいよね。

家族で外食をすると楽しいし、料理・調理器具洗い・食器洗いなどの面倒くさい家事から解放される喜びで一杯になる。 外食最高!な気分だ。 …しかし、そんな幸せな気分と正反対な悩みもある。 それが「子供を連れて外食をすると子供が食べたい料理を頼まない…

パートナーの助けがあったって家事育児は大変なのに、常時ワンオペ育児・家事は最早異常事態だよ。

何故ワンオペ育児・ワンオペ家事なんて言葉があるのか。 俺が主夫になったばかりの頃は今ほど広く知られてはいなかったように思う。 ワンオペ育児・ワンオペ家事 本来この言葉は、 ・パートナーの助けがない状態でする家事育児は難易度が非常に高い ・家事育…

出産後の奥さんに夫がしてあげるべきことは色々あるが、奥さん側が一番求めているのは労わることである。

先日「夫の出産立ち合い」についての記事を書きました。 記事公開後、Twitter・ Instagramで反応して下さった方々、ありがとうございました。 そしてそこに貼っておいた「産後の女性は体質がガラリと変化する」という過去記事が予想以上に見られたので再度今…

女は家事・男は仕事というステレオタイプな意見を無視するために必要なこと。世間の意見とは違い、家事は男女どちらがやっても一緒である。

今日は少し奥さんの話をしようと思います。 奥さんは俺と結婚して専業主婦になり、数日で「自分は専業主婦に向いていない」と思ったそうです。 家事が苦手というよりは、家事育児をこの先もずっと専業で続ける未来の自分を想像できなかったと言います。 奥さ…

家事育児を上手く回すには夫婦仲が重要で、夫婦仲を良好に保つ秘訣は結局「パートナーといかに会話するか」である。

「どうしたら夫に家事育児に参加させることが出来ますか?」という質問は、最近最も多く来る質問の一つです。 個別に返すのが大変になってしまったので記事で答えようかと思います。 ということで、今回は「どうしたら夫に家事育児に参加させることが出来る…

奥さんが三日間不在だったが、主夫でもたった三日で疲れた。普段やらない人はいざという時どうなるのかを考えた方が良いよ。

先日奥さんが仕事で三日間完全に不在だった。 そして俺の日々のシュフ業は、奥さんのサポートの上に成り立っているといっても過言ではない。 …この2つを念頭に置くと、その奥さんのいない三日間がどういうものだったか簡単に想像出来るだろう。 今回はシュフ…

【出産時の夫の立ち合い】奥さんがOKしてくれた場合は夫は可能な限り立ち会うべきだと思う。

出産時に夫が立ち会うべきか、立ち会わないべきか。 これは意見が分かれるところだと思います。 夫側のよく聞く意見としては「無力感が凄かった」というものがあります。 果たして立ち合いは本当にそうなのか? 出産に立ち会った時に感じた思い 長女の出産の…

路上ライブをやるなら新宿駅でやれ。エッセイ漫画・創作漫画を問わず、SNSで漫画を描いている方はInstagramに優先的に投稿すべきだ!

漫画やイラストを描く人にとって、Instagramがいかに相性が良いかを知っていますか? フォロワーさんに漫画の描き方やSNSの利用方法について聞かれることがあるので今回は創作活動のことについて書こうと思います。 このブログでSNSのことを書くのはかなり久…

親や子供によって子育ての難易度に差が出るのは仕方ない。問題なのは楽な方ばかりを目立たせてしまうことだ。

炎上しやすいからか、はたまたネガティブになってしまうからか。 検索しても育児の愚痴や辛さだけを書いたツイートやサイト・ブログはなかなか出て来ない。 検索して即出て来るのは「育児を楽しむためには~」「子供の健康を考えた料理」「ママのための〇〇…

親の育児参加・不参加を子供はよく覚えている。だから育児不参加な親に待つのは「孫と触れ合えない未来」かもしれない。

家事育児に積極的に参加するようになり(というか主夫になり)奥さんだけでなく子供達との関係も現在良好ですが、自分が家事育児に全く参加しなかったら子供達との関係は今とどのくらい差が出るのだろう…と、ふと考えました。 家事育児に積極的に参加すると…

家事育児の実態を発信しただけで「わかってくれてありがとう」と言われてしまうくらい、今まで男は無理解だったということか。

家事育児について発信していると非常に沢山の「わかってくれてありがとう」という言葉をいただきます。 特に俺のブログを初めて知った主婦の方からいただくことが多いです。 そういう反応をいただくのは嬉しい反面、ある意味凄い状況だなとも思います。 俺は…

大仕事である子連れ外出だが、それが子供の相手をするのに一番簡単である矛盾について。

最初に子連れ外出について記事を書いてから約二ヶ月半。 それから何度か子連れ外出について書きましたが、「子供を連れて出かけることは遊び」という意見が度々来るので実態はこうなんだよと反論する意味で書いてきました。 子供を連れて出かけるのは、見か…

子育てとは大人に変換すればクレーマーを抱えながら作業しているようなもの。だからシュフにはタスク管理が上手い人が多い。

家事も育児もやることが膨大なので、何をどのタイミングでやるかのタスク管理は本当に重要です。 ここが上手くできないとその日のうちに終わらせられないことを次の日に持ち越し、また次の日、そのまた次の日とどんどん膨れていきパンクしてしまいます。 シ…

育児には参加するけど家事には参加しないという男性は果たして「家庭的な夫」と言えるのか。

毎日家事育児のことをブログやTwitterで発信していると、日々様々な反応が届きます。 最近は「旦那さんが家事or育児、または両方に参加してくれている主婦」や「参加している男性」の方々からも反応が来るようになってきました。 まぁまだ8割近くが「旦那さ…

家族はチーム!!!ティッシュ・トイレットペーパー交換などの簡単な家事は見て見ぬふりをしないで!

主夫になって約3年。 俺にはずっと気になっていたことがある。 それはティッシュ・トイレットペーパーなどの家族皆が使い、また簡単に補充できるものは最後の人が補充すべきではないのか!?ということだ。 簡単な家事は家族皆で 確かに家事はシュフの仕事だ…

何故主婦や母親のオシャレが周りを気にしなければならないのか不思議でならない件。

俺はかつてずっと不思議に思っていたことがあった。 奥さんは出産を機にオシャレを控えるようになった気がする。 加えて化粧も薄くなった。 俺はサラリーマン時代に「前みたいな服装や化粧にしたら?」と何度か言ったが、奥さんはいつも「もうお母さんだし」…

【秋月】秋も深まってきたので梨をこよなく愛する者として今年食べた品種をレビューしていく

早いもので秋ももう終わりに差し掛かっている。 洗濯物は乾きにくくなり、日没時刻もどんどん早くなり、夜も気を抜くと風邪をひいてしまいそうな日もある。 去年秋月の強烈な美味さに魅了されすっかり自他ともに認める梨好きになってしまったが、今年も秋は…

ドラマから数年離れていた男がAmazonプライムビデオとNetflixでドラマを見るようになった話と、お薦めしてもらった作品まとめ

先日「おっさんずラブ」を見たので感想を書きました。 おっさんずラブ自体が楽しいドラマだったことはもちろんなのですが、ドラマって環境次第でこんなに快適に見れるものなんだなと感動しました。 というのも、ここ数年まともにドラマを見ていなかったので…

ワンオペになりがちな子育て中のシュフが、それでも子供を可愛いと思い続けるために必要なこと。 

「親に一人の時間は必要か」 これについて何度か記事を書いているが、一連の流れはある漫画をInstagram・ブログに投稿したところから始まっている。 www.instagram.com そしてInstagramと同時に書いた記事が下記。 強烈な反対意見には少し驚いたが、自分の時…

何で子連れで電車に乗るのか。答えは簡単、楽だからだよ。

電車で泣き出した子供をあやしていたら「早く黙らせろ」と言われた。 こういう呟きには必ずと言って良いほど来る反応がある。 それが「何でコントロールできないのに子供を連れて電車に乗ったの?」というものだ。 まず大前提として公共交通機関は誰でも乗れ…

電車内で言い返せない母親を責め立てるのがいかに格好悪いか。赤ちゃんと母親は乗客皆で守るべき。

昨日久々に頭にくるツイートを見かけた。 電車内で0歳児の赤ちゃんが泣き出してしまい周囲の人に謝っている母親に対して、40代くらいの男性が「早く泣き止ませろ」など追い打ちをかけ、見かねたツイート主の女性が母親の味方をするとその女性もひどく罵倒さ…

家事育児に苦労しているシュフに対して「そういう家庭もある」と言うのは諦めているに過ぎない。

早いもので毎日更新を開始してからもう3ヶ月が経ち、その間様々な反応・意見をもらいました。 そんな中でたまに来る気になる反応があります。 家事育児の家庭分担や無理解に苦労している家に対して「そういう家庭もある」という反応です。 「パートナーが育…

夕食の予定が変わったなら即連絡するべきだし、変わった予定は最後まで貫いてもらわないと困るのがシュフの本音である。

シュフにとって一番大切と言っても過言ではないのが「食事の連絡」である。 食事が必要かどうかによって用意や段取りは全く違ってくるし、いらないならいらないでいいのだが、一番困るのが「やっぱりいる」なんて急に予定変更されるときである。 主夫になっ…

家庭力は人間力であり、最大の魅力である。主夫が今更おっさんずラブを見た感想【Amazonプライム】

おっさんずラブ、放送中は盛り上がっていましたね。 Twitterやブログ界隈でも「はるたん」「牧」などのワードはちらほら目にしていたのですが、最近Amazonプライムに登場したこともあり再び盛り上がりを見せているのでついに全話見ました! ここではシュフ目…

子連れ外出の真の恐ろしさは外出中にあらず。帰宅後に待ち構えている家事こそが精神を削るのだ。

あれだけ暑かった夏もようやく過ぎ去り、外出もしやすい気温になってきました。 …気温だけは、ですが。いくら快適になろうと子供がグズらなくなるわけでもなく、子連れ外出の難易度はちっとも下がりません笑 そんな子連れ外出ですが、今回は意外な強敵、帰宅…

子供を連れて出かけたら、いつもの光景が一変して危険に見えた件について。

子供に道で声をかけないでくれという記事を先日書いたが、自分に子供ができるとなんて事ない街中の風景も意外な危険が潜んでいることに気がつく。 何も気にすることなく歩いていた景色は、自分が男で、大人であるから何一つ心配せず過ごせていただけだったの…

即代われるくらいの最低限の家事育児スキルはパートナーには必須。でないとシュフは体調不良でも休むことができないのだ。

働く側で家事育児に参加しない人は考えたことがあるだろうか。 例えばシュフが家事育児を専業でやっている家庭で、シュフがもし風邪や体調不良で寝込んだ時は誰が家事育児をするのか。 例えばシュフがどうしても外せない、強制的に家を空けなければならなく…

【スポンサーリンク】