主夫の日々

まだまだ少ない主夫の立場から主に家事育児について発信しています。

【スポンサーリンク】

【家事の時間はもっとカット出来る!】ホットクックと中食を併用したら劇的に家事時間が減った件

 

かつて俺はこんな記事を書いた。

 

 

去年の年始に書いた記事だが、実際その後やったことはホットクックを導入することくらいで、他にやったことで大きいものはない。まぁホットクック導入も(決して安いものではないし)大きな変化ではあるが、それだけでは料理にとられる時間はまだまだ多い。

そんな俺は最近ホットクックをもう一台導入するか、最大限中食を活用するかしようと考えた。ホットクックは自動調理かつ何より美味しいが、食材カットは依然としてやらなければならない。これも料理だからな…可能な限り省きたい。

ということでまずは中食を最大限活用する方を実践することにした。

今回はその結果どれくらい時間短縮になったかを書いていこうと思う。

 

f:id:s2m-k2h5:20190919103244p:plain
※LINEスタンプ「専業主夫の日々」…の選考漏れイラストより

 

料理の時間をいかに減らすか

家事において一番時間を取られるのは何といっても料理関係だ。

シュフにとって料理とは、買い物・献立決め・食材カット・調理・調理器具の洗浄・食後の食器洗い・食器類の片付けまでを言う。だからここから省けるものを最大限省いていかなければ家事時間はそこまで減らせない。家事は時短!とみな言うけど、時間の短縮じゃなくて時間はカットするに越したことはない

ということで料理時間カットに挑戦することにした。

 

ネットスーパーで買い物時間短縮

まずネットスーパーで買い物時間をカット。(俺はまだ利用したことがないがAmazonフレッシュでも良いだろう。)

そしてネットスーパーで買う物を選択するわけだが、よく買うものをお気に入りに入れておき、基本的に上から全部買う。こうすることで選択する時間をカットできるし、余計な買い物もしなくて済む。

また食材は一気に買わずに、少量にして頻繁にネットスーパーで買う。こうしないと食材やっつけ料理という謎の料理を作ることになり、誰も幸せにならないから…

そしてネットスーパーを頻繁に利用するというと配送料が気になる人がいると思うが、配送料って大体300円+税だから大したことはない。逆にここをケチると重い荷物を持ってスーパーと自宅間を移動することになり、疲れるしかなりの時間がとられる。たとえ車であっても持ち運ぶ必要はあるし、時間もそれなりにかかる。

自由に使える時間の減少は人から余裕を奪うから、可能な限り時間を無駄にしてはいけない。買い物の時間、運ぶ時間が無くなればおそらく30分~1時間は短縮できる。

 

日用品はAmazon定期オトク便を利用

また日用品はAmazonの定期オトク便を利用することで、個別に買う必要がなくなる。今はもう食材も日用品もわざわざ買いに行く必要のない時代なのだ。

 

中食でメイン料理の調理時間カット

今まではメイン料理はホットクックか自分で調理するかだったが、ある時ふと気づいた。「たまには料理しなくても良いんじゃね?」と。

ホットクックは確かに調理を代行してくれるが、食材カットなどの事前準備はどうしても必要だ。その時間すらなくしたいという気持ちを、シュフなら共感してくれるのではないか。

ということでメイン料理は不定期で総菜等の中食を積極的に利用することにした。最近真面目に全て自分で作っていたので、これで一番時間のかかるメイン料理の調理時間を丸々カットできる。

 

スーパーより弁当屋?

もちろんスーパーの総菜でも良い。だがスーパーの総菜は個数が選べなかったり、量り売りがなかったりと不便な部分がある。だからこの点が充実しているならスーパーでも問題はない。

でもスーパーは総菜以外も売っている。それらが視界に入り、ついつい余計な買い物をしてしまうというのはシュフにありがちだ笑

だから総菜だけならオリジン弁当みたいな総菜のみ売っているところが良いだろう。

仮にスーパーで問題がないのなら、ネットスーパーで頼めれば買いに行く時間も短縮できるし、余計な買い物もしなくて済むことになる。

 

結局買い物時間は発生するが…

総菜の買い物時間が結局発生しているが、それでも買い出しから調理・片付けまで考えると圧倒的に短い。

それに我が家からオリジン弁当まで自転車で行き帰り10分くらい。選ぶ時間を入れても15分くらいだ。これが自分で調理となるとこの何倍もかかる。

スーパーの方が近いという場合はスーパーでも良いが、その場合前述のように「余計な買い物」には十分気を付けなければならない。

 

ホットクックで調理時間短縮

ホットクックは調理を代行してくれる便利家電だ。

だがそれでも食材は準備しなければならない。そしてメインの料理の準備は意外と時間がかかるのも事実。

だから俺はホットクックを味噌汁に使っている。味噌汁なら面倒な準備など不要で、食材切ってホットクックに突っ込んでスイッチオンで終わりだ。また味噌汁は予約可能だから時間のある時に10分~15分くらいでセットできる。俺は自分の昼を用意する時についでに準備している。

これで味噌汁も勝手に出来上がる。

 

 

ヘルシオではダメなのか

俺はヘルシオを持っていないので何とも言えないが、初期投資がホットクックに比べて高い。すでに持っている場合は問題ないが、これから導入するという場合はホットクックの方が手を出しやすいだろう。

あとホットクックには煮込みうどんや無水カレーなどもある。それに何より無水カレーはマジで美味しい!これだけでも価値があるくらい美味しい。

とはいえ今はホットクックで十分だが、いずれヘルシオを買おうとは思っている。

 

シュフは料理に使う時間をもっと減らせる

メインはオリジン弁当、味噌汁はホットクックで済ませる。あとは副菜のサラダと米だ。まぁ言うまでもなく米は炊けば良いだけだし、サラダも変に凝らずにレタス・きゅうり・トマトを適当にカットして、もへじのドレッシングをかければ十分だ。

 

 

以上日々の俺の料理関係の時間は、ネットスーパー10分・オリジン弁当15分・味噌汁15分・サラダ10分・米5分の計55分だ。以前も時間をかけていない方だったと思うが、そこからさらに約1時間は時間を浮かせている。毎日1時間だからこれはかなり大きい。

 

時間は買うものだ

時間は買うものだ。だが時間単体ではもちろん買えない。だからお金を出し作業を他に頼むことで、本来かかるはずの時間を得るのだ。

時間が足りなくなることが人が余裕を失う一番大きい原因だ。そして余裕を失えば人は途端にイライラし始め、本来何でもないことにも腹を立てたりする。これは全ての人に言えること。

昔の人は「苦労は買ってでもしろ」と言ったようだが、今はむしろ苦労をお金で解決できるのならそこは支出するべき部分だと思う。

シュフも可能な限り家事をする時間を浮かし、その時間で是非日々を楽しんで欲しい。

  

 

noteでは家事育児に対する考え方や下記のようなSNSの運営方法を書いています。

 

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

SNSの活動紹介

主夫と創作の2つの活動をしています。

 

家事育児などの主夫関係

TwitternoteInstagramLINEスタンプ

 

創作活動

TwitternotepixivBOOTHInstagramLINEスタンプ

 

【スポンサーリンク】