主夫の日々

まだまだ少ない主夫の立場から主に家事育児について発信しています。

【スポンサーリンク】

子供のあやし方がわからない人は同じ子供に倣うべし

子供の事は子供の方がよく知っている

スーパーや商業施設に行くと駄々をこねて泣き叫んでいる子供を見ることがあります。そしてその横には親もいると思いますが、なぜ親は子供を黙らせないのかと思う人もいることでしょう。これは子育て経験がない人や子供の相手をしたことがない人には、多分なかなか理解できないことだと思います。

あれは黙らせないのではなく、黙らせることができないのです… これは子育てが大変なことの一つですね。

子供のあやし方は子供に聞け

そんな泣き叫ぶ子供のあやし方ですが、方法をよく知っている存在がいます。それが同じ子供です。

我が家は出かけたとき駄々をこねるのは大抵次女で、それをなだめるのは俺ではなく長女です。もちろん俺もなだめようとしますが、はっきりいって長女の方が上手いのでよく任せます。長女の場合は上の動画で話している方法ですが、子供によって方法は様々です。そして同じことを親がしてもダメなのも、多分どこの家庭でも同じだと思います。

とはいえ我が家の長女と次女は、何も常に仲がいいわけではありません。家でも外でも頻繁に喧嘩しますし、そしてどちらも原因の時があります。それを見ているととても仲が良いとは思えないのですが、でも次女が泣き叫んでいる時に俺が言うまでもなく長女が動くのを見ると、喧嘩するほど仲が良いというのはこういうことなのかなぁとしみじみ思います。

最初の子供の時が問題

今でこそ長女次女と2人なので次女が駄々をこねた時は長女がなだめてくれますが、長女だけだった頃は、当然ながらなだめる子供はいませんでした。次女に比べ穏やかな長女も駄々をこねる事は当然ありましたし、その時はもちろん俺や奥さんがなだめるしかありませんでした。でも長女のあやし方を親が真似してもダメなように、駄々をこねる長女を親がなだめようとしても親ではなかなかうまくいきませんでした。大抵の場合はお菓子やおもちゃで無理矢理黙らせますが、それだとなだめる度に出費がかさみ大変です。

なので我が家はよく同年代の子供にお願いしてました。公園で遊んでいるときは他の子供の輪に入れてもらったり、商業施設で機嫌が悪くなった時はキッズコーナーなどに連れて行ってました。そうすると効果的面で、泣き叫んでいる長女は即おとなしくなり子供たちの輪に入り楽しそうに遊んだものです。(こういう時の子供の仲良くなる力には本当に圧倒されます。)まぁこの方法が取れないケースもあると思いますが、子供の事は基本的に子供にお願いすると解決しやすいことが多いです。

ただ間違っていけないのは、子育てを子供に押し付けて良いということではありません。あくまでなだめるのが子供の方が上手だから力を借りるということであって、子供は子供に任せておけということではないということを忘れないで欲しいと思います。

 

シェアしてね!

 

★★★★★★★★★★

 

YouTubeもよろしく!

漫画動画や語り動画を投稿しています。

 

書籍発売中!

主婦をサラリーマンにたとえたら想像以上にヤバくなった件

主婦をサラリーマンにたとえたら想像以上にヤバくなった件

  • 作者:河内 瞬
  • 発売日: 2019/11/01
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

おかげさまで重版しました!

 

noteで夫婦生活についての相談に答えています

男の意見は貴重ということで結構読まれています。悩んでいる方は覗いてみて下さい。

 

各種リンク

YouTubenoteInstagramTwitterLINEスタンプ

 

f:id:s2m-k2h5:20201207175603p:plain