主夫の日々

まだまだ少ない主夫の立場から主に家事育児について発信しています。

【スポンサーリンク】

育児とテレワーク問題。子どものいる自宅は職場にはなれない。

コロナ騒動の影響で東京は外出自粛となり外で仕事ができなくなった。我が家も自宅で仕事をしているが、一斉休校で子ども達が家にいるので作業が全く進まない。
こちらの気を引こうとしてくる子供を見ながら、集中力のいる仕事をするのは不可能だからである。

上記ツイートに多数の引用RTをもらったが、基本的にどこも似たような状況のようだ。

育児とテレワーク

テレワークはむしろこのご時世もっと普及しても良いと思っているが、今はとにかく状況が悪い。コロナ騒動による一斉休校で子どもが家にずっといるから、子どもの相手で手いっぱいで仕事をする余裕などない。特に今年一年生の子はまだ保育園児みたいなものだから、仕事と両立はほぼ不可能と言っても過言ではない。

集中させてくれない存在と一緒に仕事をするということ

仕事は集中しなければできない。そして育児は自分以外に親の意識が向いていることが嫌なので、親が仕事に集中していると子どもは気を引こうとグズる。

つまり子どもがいる限り、仕事に集中することができないのだ。

テレワーク実施率が低い理由は育児

コロナ騒動で人命がかかっているのにテレワーク実施率が低いのは、単純に家だと仕事にならないとわかっているからじゃないか?

俺がもし今サラリーマンだったとして、テレワークに切り替えるかを聞かれたらかなり悩むと思う。子どもがいる状態の家で仕事ができないことを俺はこの4年で思い知った。

子どものいる自宅は職場にはなれない

学校が休校中の自宅は保育園そのものだ。できる仕事は育児だけで、自宅はどう頑張っても職場とはならないのだ。だからテレワークで仕事を自宅に持ち込んでも仕事などできるはずもない。育児しながら仕事ができるなら、この世に保育園は存在しないはずだから。

f:id:s2m-k2h5:20200417201416p:plain

f:id:s2m-k2h5:20200417201439p:plain

f:id:s2m-k2h5:20200417201453p:plain

約4年前から育児をしながらブログを書いたり漫画を描いたり活動をしてきたが、いつ作業をしているのかと定期的に質問が来る。この答えはすごく単純で、毎日子どもが寝た後にほとんどの作業をしてきた。つまり子どもが起きているときは作業ができなかったということである。学校があればその時間に作業をするが、一切ない今はほとんど夜しか作業時間がない状態だ。

仕事と育児は本来切り離すもの

もし育児をしながら仕事ができるなら、保育園は存在しない。

隙間時間にちょっとした仕事ができるよね?と言う人がいるが、その隙間時間すら子どもが奪っていくのである。ちょっとした仕事をする時間すらないのだ。乳幼児がいる家庭はメール一つ読むのですら1時間かかることもあるだろう。仕事は進まず、子どもも満足せず怒る。要するに育児と仕事は一緒にせず切り離し、どちらにも集中できる状況にしなければならないのである。

我が家も少し前までは昼間の多くの時間を自分の仕事に充てられていたが、今の活動時間はその1/5といったところだろうか。

今まで育児の大変さがなかなか理解されてこなかったが、この状況により子どもを見ながら在宅仕事が不可能に近いことを知った人も多いのではないだろうか。

 

 

▼今回の内容をさらに深堀した記事

 

★★★★★★★★★★

 

リンク集

noteで定期購読マガジンやってます!

今までブログで語ってこなかったことを書いてます。

また今年はnote以外にYouTubeを始めようと思っており、その準備や状況も書いています。※既に試作動画をnoteで公開済

書籍発売中!

家事育児の考え方を書籍にまとめました。

主婦をサラリーマンにたとえたら想像以上にヤバくなった件

主婦をサラリーマンにたとえたら想像以上にヤバくなった件

 

ブログ・漫画のハウツー!

運営方法など迷っている方はチェックしてみて下さい。

各種リンク

TwitternoteInstagramLINEスタンプ