主夫の日々

まだまだ少ない主夫の立場から主に家事育児について発信しています。

【スポンサーリンク】

親戚の子どもが敬語になるのが嬉しいのと同時に寂しすぎる件

 

あけましておめでとうございます!

昨年は大変お世話になりました。今年もどうぞよろしくお願いします!

今年はnoteで本格的に発信しようと考えています。

 

さて、今年のお正月は親戚の家で過ごしたのですが、そこであった出来事について書いていこうと思います。

年末年始と言えば帰省シーズン。当ブログでは年末年始に帰省する必要がない旨をずっと書いてきました。

検索したら結構書いていた(笑)

まあ、子どものころは我慢していた親戚同士の付き合いも、大人になったら選択していけるわけです。会ってもストレスになることが多かったのでここ二年は帰省せず正月を過ごしてきたわけですが、子ども達が田舎に行きたいとのことだったので、今回の年末年始は親戚の家に久々に顔を出すことにしました。

結果は以前よりストレスなく過ごすことができるようになっていました。

一度離れたことで向こうも色々考える機会があったのか?不快な思いをすることはほぼなかったし、また自分自身も様々な棘がとれたようにも感じました(笑)

久々に会ったら色々と実家や親戚周りについて感じたこともあるので、その辺も追って書いていきたいです。

 

成長し敬語を使うようになった甥

さて前置きが長くなってしまいましたがここからが本題。小さいころから知っている親戚の子が遊びに来た時の話です。

f:id:s2m-k2h5:20200106163042p:plain

f:id:s2m-k2h5:20200106163109p:plain

 

f:id:s2m-k2h5:20200106163129p:plain

 

久々に会って大きくなっていた親戚の子が敬語を使うようになっていてドチャクソ泣きました……

子ども側で迎える正月もすっかり大人側に回ってしばらく経ちますが、キャッキャと遊んでいた子どもが敬語になる瞬間が辛い……

その子の両親が割ときっちりしているのでそろそろ敬語を使えと言ったのかもしれませんが、めちゃくちゃ距離が遠くなったようで寂し過ぎる。まあまあの衝撃で敬語なんか使わなくていいよ!と言いそびれてしまいましたわ…

(そういえばこんな呟きもしました↓)

 (↑まあこれは赤の他人の話なので……)

次回会ったら普通に喋っていいよ!と言ってしまいそう。

そんなことを感じた正月なのでした… 

 

★★★★★★★★★★

 

リンク集

noteで定期購読マガジンやってます!

今までブログで語ってこなかったことを書いてます。

書籍発売中!

家事育児の考え方を書籍にまとめました。

主婦をサラリーマンにたとえたら想像以上にヤバくなった件

主婦をサラリーマンにたとえたら想像以上にヤバくなった件

 

ブログ・漫画のハウツー!

運営方法など迷っている方はチェックしてみて下さい。

 ・主夫

TwitternoteInstagramLINEスタンプ

 ・創作

TwitternotepixivBOOTHInstagramLINEスタンプ

 

【スポンサーリンク】