主夫の日々

まだまだ少ない主夫の立場から主に家事育児について発信しています。

【スポンサーリンク】

【YouTubeを見ながら勉強?】学生時代静かに勉強してた俺には信じられないけど、今の子は静かだと逆に落ち着かないらしい。

 

俺の学生時代、勉強と言えば図書館・教室・自室・カフェでするものだった。そしてこのどれも静かな中で勉強するという共通点があった。カフェは混んでくると静かとは言えないが、人の話し声くらいなら集中すれば気にならない。

それが今の子はYouTubeをつけながら勉強するようなのだ。俺からすれば信じられないが、クラスメイトにも結構そういう子はいるらしい。

 

f:id:s2m-k2h5:20190810111841p:plain

※LINEスタンプ「専業主夫の日々」…の選考漏れイラストより

 

今の子は静かだと逆に落ち着かない

子供達が夏休み初日に「宿題する」と言い子供部屋に籠った。

その間に家事を色々と終わらせようとやっていたが、ふと子供部屋から音がすることに気が付く。俺は「もう宿題終わったのか?」と思い覗くと、なんと子供達はYouTubeで動画を流しながら宿題をしていた。そんなにYouTube見たいのかよ…と思ったが、よく見ると信じられないことに宿題をする手が全く止まらない。

不思議に思い聞くと「動画を流していた方が集中できる」と子供達は言って来た。そして流していた動画は見るための動画というより、聞くための動画だった。スライムをこねるだけの動画、粘土みたいな何かを混ぜるだけの動画、口元だけ映った何かを食べ続ける動画…などなどだ。最近YouTubeを巡っているとよく見かける「ASMR」と呼ばれるいわゆる音フェチ動画だ。

つまり子供が勉強中にYouTubeを見ているからといって、もう注意することは出来ない時代なのだ。実際YouTubeなしだとだらだら宿題をする次女も、ASMRを流しながらだと集中して宿題をしさっさと終わらせていた。丸付けしても別段適当にやっているわけでもなく、きちんと正解している。

俺の学生時代、勉強は基本的に静かに集中してやるものだった。だが今の子はむしろ静かだと集中できないのだ。静かだから「あえて」音を流すといったところか。

 

音メインの動画が大流行

10年前の俺に「10年後に咀嚼音の動画が流行るよ」と言っても決して信じなかっただろう。何故なら俺は人の咀嚼音がかなり苦手だからだ。

でもYouTubeで検索すれば食べ物を齧るASMRが大量に出て来るところを見ると、需要はかなりあるのだろう。実際子供達もいつも何かしらのASMR動画を流しながら作業している。

最近の長女はiPadでASMRを流しながら、switchでスプラトゥーンをやっている。スプラトゥーンは音も結構重要だと思うのだが、長女曰くこの方が集中できるとのこと。もちろんスプラトゥーン以外のゲームも同様にやっている。

10年前の俺もそうだが、YouTubeが流行り出した頃でも「音だけの動画がそのうち流行るよ」と言っても誰も信じなかったんじゃないかな。それだけ価値観の変化が早い。

 

YouTubeが既存の価値観をどんどん壊していく

YouTubeはまずテレビの存在意義を揺るがした。そして誰にでも「見られる側」になるチャンスを与えた。また個人でも(簡単ではないが)お金を稼げるようにした。

そして価値観そのものの意義も変えた。まぁこれはYouTubeがというより、SNSがと言う方が正しいけど。

もう今は価値観が古いとか新しいとかではなく、価値観は毎日アップデートしていると思った方が良い。昨日より今日の方が、今日より明日の方がという風に。

というより「自分の価値観は古い」と、常にそう思った方が良いだろう。子供のやっていることが一瞬受け入れられなくても、拒絶せず考えて新しいものをどんどん取り入れていけば、変化の速い今の時代にも何とかついていけるだろう。

本当に面白い時代になったものだ。

 

 

 

 

noteでは家事育児に対する考え方や下記のようなSNSの運営方法を書いています。

 

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

SNSの活動紹介

主夫と創作の2つの活動をしています。

 

家事育児などの主夫関係

TwitternoteInstagramLINEスタンプ

 

創作活動

TwitternotepixivBOOTHInstagramLINEスタンプ

 

【スポンサーリンク】