主夫の日々

まだまだ少ない主夫の立場から主に家事育児について発信しています。

【スポンサーリンク】

久しぶりにガッツリ皿洗いをして気付いた、シンクで皿洗いするのが嫌いなもう一つの理由。

 

先日食洗機稼働中に食器を洗わなくてはならない自体になりました。その時にシンクが異様に狭く感じたんですよ。最近は食器洗いはほぼ完全に食洗機の仕事で、洗うとしてもコップ1、2個とか皿1、2枚だったので、久々にガッツリ食器洗いをする羽目になりました。これがもう嫌で嫌で…

 

食器手洗いはシンクが凄く汚れる

食器を洗い終わった後に気付いたのが、シンク周りが濡れているなーということ。当たり前といえばそうなんですが、普段食洗機を使っているとシンク周りって濡れないんですよ。濡れないということは掃除をする必要がないということであり、掃除をしなくて良いということは家事が一つ減るということなんです。

 

f:id:s2m-k2h5:20190611191108p:plain

※LINEスタンプ「専業主夫の日々」…の選考漏れイラストより

 

食器洗いが嫌いなもう一つの理由

当ブログで何度も何度も書いてきたので今更書く必要もないとは思いますが、俺は食器洗いが一番嫌いな家事です。何で嫌いかというと、生産性のかけらもないと思うから。汚れをただ落とすだけの行為で、わざわざ人がやる必要性をあまり感じません。(好きな人は除く。)

ですがそれだけでここまで嫌いになるかな…と自分でも思ってもいました。それが今回ようやくわかったのです。

それは「食器を洗うという家事はシンク掃除もセット」だということです。要するに食器洗いだけでなく、余計な仕事が増えるということ。だから食洗機を使うのは、食器洗いがなくなる上に、シンク掃除もなくなるということです。

それがおそらく感覚的にわかっていたから、俺は親の仇並みに食器手洗いが嫌いだったのです。

 

日本のキッチンシンクは狭い

日本は国土が狭いので住宅も狭くならざるを得ません。当然キッチンも比例して狭くなります。おかげで洗いものをすると、どんなに気をつけてもシンクは必ず汚れます。

もちろん米を研いだり野菜を洗ったりしてもシンクは汚れますが、米は無洗米にしたり野菜は土を落とす以外は無理に洗わなくて良いので、シンクの汚れは大半が食器洗いによるものなのです。現に食洗機フル稼働の我が家のシンクはたまに掃除するくらいで問題ありません。

シンクが狭いのはもう仕方ないので、その狭いシンクをいかに汚さないかが重要です。そしてその一番の方法が食洗機の導入です。やることは食器セット→スイッチオンだけで、さらにシンク汚れも防いでくれる。こんな神家電他にないですよ?

 

食洗機の置き場所

シンクだけでなくキッチンも狭いから食洗機は置けないという方がいますが、キッチン周りを空にして、まず食洗機を置いてから他の道具や荷物を置けば置けるはずです。もし置き場がネックで置かない人がいたら、今の状態で置こうとせずキッチンの配置を一から見直してみると良いと思います。

 

 

 

 

 

noteでは家事育児に対する考え方や下記のようなSNSの運営方法を書いています。

 

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

SNSの活動紹介

主夫と創作の2つの活動をしています。

 

家事育児などの主夫関係

TwitternoteInstagramLINEスタンプ

 

創作活動

TwitternotepixivBOOTHInstagramLINEスタンプ

 

【スポンサーリンク】