主夫の日々

まだまだ少ない主夫の立場から主に家事育児について発信しています。

【スポンサーリンク】

SNSについては子供の方が大人の数歩先を常に行っているという話。

 

SNSで発信している俺もまだとっさに調べる時は検索を使うけど、子供達はもう検索で調べることはほとんどない。

長女はYouTube・Tik TokやTwitterを駆使して自分の疑問に自分で回答を導き出している。また次女もわからないとYouTubeの検索画面を出して「打ち込んで」と言って来る。後は自分で見るから、と。

 

f:id:s2m-k2h5:20190228164132p:plain

※LINEスタンプ「専業主夫の日々」…の選考漏れイラストより

 

疑問はSNSで調べる子供達

長女も次女も調べる=SNSやYouTubeとなっている。確かにそちらの方が生の声を見れる。〇〇地域の◇◇系のご飯が食べたいと思った時に検索で調べると嘘の情報や適当なレビューが出て来ることもあるけど、SNSだと実際に行った人の感想が写真付きでどのメニューが美味しいかが見れる。

そしてSNSではいいねをもらうことが全てみたいなところがあるから、適当なことを書かなくなる。実際にSNSで調べて美味しいと評判の店に行くと、期待外れということはほとんどない。 

俺はこれを経験しながら検索→SNSに辿り着いたけど、子供達は最初からこの方法に辿り着いていて、着眼点にいつも驚かされる。

 

既に親より使いこなしている子供達

実際休日に「美味しいアイスでも食べに行くか」と言ったら長女が「原宿のこのアイスが美味しいらしいよ。この間YouTubeで食べに行った人の動画見たから、一度行ってみたかったんだよね~。」と言って来たことがある。

俺より色々と知っている長女を頼もしく感じることさえある今日この頃だ。

 

遊びながら楽しく知識を吸収する今の子供達

知識を吸収する方法が「詰め込み式」しかなかった子供時代を生きてきた俺は、知識を遊びながら楽しく吸収する今の子供達にはもう絶対に勝てないと思っている。生きていく上で大切なことはまだ子供達より上にいるけど、それもそのうち抜かれるだろう。

子供は想像力の塊だ。大人では思いつかない方法を子供が思いつくことなど昔からあったが、今までは実践する場所が無かった。

でも今はそれを実践できるSNSという場がある。実践する場がある以上、子供が大人を追い抜くことなど造作もない。大人は想像力では絶対に子供に勝てないのだから。

 

大人が子供を見習う時代

先日長女のYouTubeの使い方の記事を書いた時に「10歳で発信者側に回るのが怖い」という反応が多く来たけど、これは見当違いだ。まだそこまで多くはないが、10歳で発信者に回る子供の方がそのうち多くなるだろう。実際同じような歳で発信している子が長女の友達に数多くいる。

SNSの使い方はもう完全に今の子供達が最先端だと断言できる。大人が子供を見習う時代はもう来ていると感じている。

子供達がその想像力を活躍させられる以上、自分では何もせず誰かを批判することしか出来ないような大人では戦うどころか相手にさえならないだろう。

 

 

 

 

 

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

SNSの活動紹介

主夫と創作の2つの活動をしています。

 

家事育児などの主夫関係

TwitternoteInstagramLINEスタンプ

 

創作活動

TwitternoteInstagrampixivBOOTHLINEスタンプ

 

【スポンサーリンク】