主夫の日々

主夫になって知った家事育児の大変さを発信しています。

【スポンサーリンク】

「手抜きをするような罪悪感」があって食洗機をなかなか買えない方達へ

 

食洗機の記事を書いてから数日。

未だに連日様々な反応をいただいています。

 

 

中でも目を引く反応が「欲しいけど諸事情で買えない」というもの。

買えない理由は人それぞれ色々とあるようですが、中でも「手抜きをしているような罪悪感がして購入に踏み切れない」というのが気になりました。これがまた意外とたくさんいるんです。そんなに思っている人がいるのかぁ

これは「食洗機=手抜き!」という誤った認識が影響を与えているのだと思います。なかには「贅沢なものだという思いを捨てきれず旦那に相談もしていない、自分で働いてお金を貯めてから買う」なんて方もいました。

こういう間違った認識=固定観念は相変わらずロクなことをしませんね…

そこで今回はこの「手抜きをしているような罪悪感」について書きたいと思います。

まぁ一言で言えば、「そんなのは気のせい」なんですが、その一言だけでは納得出来ないでしょうから詳しく書いていきます。

少しでも食洗機が欲しいと思っている人の後押しが出来れば幸いです

 

手抜きをするような罪悪感

まず言っておきますが、食器洗い乾燥機を導入することは手抜きではないんですよ?

f:id:s2m-k2h5:20180723161024p:plain

※LINEスタンプ「専業主夫の日々」…の選考漏れしたイラスト

 

何故なら超便利だから。

むしろ、この便利なモノを使わないことこそが怠慢なんじゃないのかなぁと俺は思う。

使うとわかるんだけど、「5分かけて手で洗う」と「1時間かけて自動で洗う」は1時間の方が価値がある。何故なら「洗う作業が完全自動だから」だ。

手洗い5分と自動1時間なんてそもそも比較にすらならない。自分でする必要があるのと自分でする必要がないの違いだからだ。

時間だけで見ればそれは5分の方が短いが、でも実際は5分が0分になるわけで、「やる必要がある」と「やる必要がない」の間には大きな隔たりがある。

 

 

子供がいるとたった5分ですら確保できないときがある。

皿洗いが終わっていない場合、その状態が気がかりな未消化のタスクとして頭の一部を占領し続け、いくら5分で出来るといってもストレスを生みだす。

食洗機はこの問題を解消してくれるのだ。

これは家事を毎日やっていれば嫌でもわかることなんだけどね…

 

食洗機の利点

まだ贅沢品だと思っている人のために食洗機の利点を列挙していこう。

・手が汚れない

・手洗いから解放されるので手荒れが劇的に良くなる

・シンクが汚れない

・乾燥までしてくれるから拭く作業も無い

・手では不可能な高温で洗い・乾燥させるから、手洗いよりも清潔

・たとえ5分でも、食器洗いの時間を他に使える

・泣く子供を待たせて食器洗いをする必要がない

・食事の度に回せば食器がシンクに溜まることがない→ストレスが激減する

・手洗いだと隅などの狭い部分が道具を使わないと洗えないが、食洗機だとお湯が入るところはどこでも洗える

・少しの電気代がかかるが、手で洗うより水道を使わないので節約になる

・毎食後に食器洗いが待っている…と悲観することも無くなる

 

以上、利点はこれだけある。

しかしこれらよりもっと重要な利点がある。

それは

「家事主担当者の負担が減る」

ということ、これに尽きる。

家事をする者として言わせてもらえば、これ以上に意味のある利点は存在しない。

どんなデメリットもこの利点の前には霞む。いや、消え去るだろう。

家事をやる者にとって皿洗いのストレスから解放されるので、買った時点で元が取れると言えるのもまた利点だ

 

家事において一番の手抜き

家事において一番の手抜きは「適当にすること」、もしくは「しないこと」だろう。

今日も皿洗いはある。明日もある。明後日もある。

私たちが食べ物を皿に盛り食事をする以上、1年後も10年後も多分ある。(10年後は家事革命が起きて家事そのものがなくなっているかもしれないけど)

毎日毎日同じことを繰り返していると、本当に全てを投げ出したくなる。それが家事だ。だから放っておけば人は必ず手抜きをする。少しでも楽がしたいからね。

だから食洗機導入はむしろ、家事に積極的な姿勢の表れなんだ。

というか楽をしようとしないことは実は最も効率が悪い。

楽や手抜きは決してネガティブなものではなく、いかに自分や家族の時間を捻出しようとしているかの表れだ。

しかも食洗機は手抜きをしないので全幅の信頼を置いて任せることが出来るしね笑

 

食洗機導入はもはや義務

食洗機導入は家事をしてもらう側だけでなく、家事主担当者にとっても義務だと言っても良いかもしれない。以前家事主担当者には食洗機導入の権利があると書いたけど、違った。義務があるに訂正する。

加えて、家事主担当者は少しでも楽をする権利がある。いや、これも「楽をする義務がある」に訂正する。

手抜きなんてもっての外!食洗機導入を手抜きだなんて考える必要なんかない。それにこれだけ便利なんだから、手抜き云々の前にそもそも使わないのはもったいない。

 

家事をしてもらう側の人達へ

そして、家事をしてもらう側の人達は、仕事と違って明確な報酬も無いんだから、せめて楽をするくらい認めてあげたって罰は当たらないよ?

それに導入すれば間違いなく喜ばれるしね。

あと食洗機導入に反対するのは、家事をしてもらう側としての明らかな「手抜き」だということも忘れてはいけない。

 

 

 

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

SNS活動の紹介

 

家事育児などの主夫関係

・Instagram主夫漫画用アカウント(★フォロワー数12万人突破!)

・Twitter主夫活動用アカウント

・LINEスタンプ「専業主夫の日々(40枚)」

 

創作漫画

note店長と店員君シリーズを公開中

◆note限定有料漫画を公開中◆

★たくさんの方にnote限定有料漫画を読んでもらい、感謝しています!

第1弾「店長過去編~別に良くない?誕生秘話~

第2弾「プレゼント騒動編・裏側~店長が選んだ皆へのプレゼント~

第3弾「ゴールデンウィークお泊り編~2人だけのお泊り会~

第4弾「2人で花火大会編~夏と花火と心揺れる祐介の乱~

第5弾「祐介を落とす遊園地」←お試し版note限定有料漫画

・Instagram創作漫画用アカウント(★フォロワー数3万人突破!)

・Twitter創作漫画用アカウント

・LINEスタンプ「店長と店員君(40枚)」

 

【スポンサーリンク】