主夫の日々

まだまだ少ない主夫の立場から主に家事育児について発信しています。

【スポンサーリンク】

子育ての中でも子供の寝かしつけは是非父親にお願いしたい

一番代わって欲しい子育て

親の全く思い通りにならない子供、その子供の相手をする子育てですが、子供の性格等にもよるとは言え、簡単だとはとても言えません。いまだに世間的には子供の相手=楽という認識が根強いですが、あまり馬鹿みたいなこと言わないで欲しいものです。子供の相手が楽なら、この世に保育園は要りません。楽じゃないから仕事をしながら子供の相手をすることができないわけで、だからこそ仕事をする人は子供を保育園に預けるわけですから。でなかったら今頃多くの会社は子供同伴で仕事しているはずです。

そんな大変な子育てですが、働く側に少しでも担って欲しいのが全ての主婦の願いです。では働く側に担って欲しい子育てとは何なのかですが、俺は夜の子供の寝かしつけだと思っています。

子どもの寝かしつけを代わって欲しい

動画を見てもらうと分かるんですけど、1番代わってもらうと助かる子育ては子供の寝かしつけだと思う(まぁ俺は、ですが)のです。理由は単純で、子供と一緒に寝てしまうのが嫌だから、です。

子供を寝かしつけるときは当然部屋を暗くするので、子供が速攻で寝てくれれば大丈夫ですが、長引くと親の方が先に寝てしまう可能性もあります。でも子供を寝かしつける時って大抵が9時台や10時台で、主婦にとっては1日で唯一自由に使える時間です。家事をするもよし、息抜きに映画を見るもよし、そんな時間を子供と一緒になって寝てしまうと失うわけです。だから働く側に子供の寝かしつけをお願いしたいわけです。働く側も時間は欲しいと思いますが、主婦は本当に時間がないのでそこは譲っていただきたいと思います。

中にはもっと別の子育てを代わってほしいという主婦もいると思いますか、俺的には子供の寝かしつけがダントツです。なぜなら寝たくないからです笑

子育ては夫婦2人で

どうしたって家事育児の負担は主婦、つまり女性のほうに偏りがちですが、夫婦揃って両親です。また家事も夫婦のことをやるわけなので、家事も育児も夫婦2人で取り組むのが本来の形だと思います。もちろん働く側の仕事の内容によっては、疲れて家事育児に参加する余力などないかもしれませんが、可能な範囲で良いので夫婦2人で家事育児をしましょう。

結婚式の時ウエディングケーキにナイフを入れるのが、夫婦になってからの初めての共同作業と言いうじゃないですか。そして家事育児を2人でやるのも立派な共同作業です。なら結婚式の時の気持ちを思い出し、家事育児に夫婦で取り組みましょう。その方が間違いなく夫婦仲も良くなるのですから。

 

それでは!

 

フォロー・シェアしてね!

YouTubenoteInstagramTwitterLINEスタンプ

 

★★★★★★★★★★

 

YouTubeもよろしく!

漫画動画や語り動画を投稿しています。

 

書籍発売中!

主婦をサラリーマンにたとえたら想像以上にヤバくなった件

主婦をサラリーマンにたとえたら想像以上にヤバくなった件

  • 作者:河内 瞬
  • 発売日: 2019/11/01
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

おかげさまで重版しました!

 

noteで夫婦生活についての相談に答えています

男の意見は貴重ということで結構読まれています。悩んでいる方は覗いてみて下さい。

 

各種リンク

YouTubenoteInstagramTwitterLINEスタンプ

 

f:id:s2m-k2h5:20201214185934p:plain