主夫の日々

主夫になって知った家事育児の大変さを発信しています。

【スポンサーリンク】

子供を連れて出かけたら、いつもの光景が一変して危険に見えた件について。

 

子供に道で声をかけないでくれという記事を先日書いたが、自分に子供ができるとなんて事ない街中の風景も意外な危険が潜んでいることに気がつく。

何も気にすることなく歩いていた景色は、自分が男で、大人であるから何一つ心配せず過ごせていただけだったのだ。

 

 

ある日娘二人と、娘の友達数人と公園で遊んでいたときのこと。

都内の街中にある公園のベンチには暇そうな高齢者や、ホームレスなのか区別がつかない大人もチラホラ見かける。

公園内には子供だけできているグループや、お喋りに忙しそうな保護者の姿。

いつものように遊んでいる子供たちを眺めていると、隠れんぼしようと誰かが言い出した。

どうやら俺が鬼になるらしく、小さい次女は長女と二人組になることに。

じゃあ30数えたら探してね、よーいどん!の掛け声とともに、子供たちは四方八方に走り去っていった。

 

……あれ?これめちゃくちゃ危なくないか?

 

かくれんぼ危ない

子供の代表的な遊びの一つ、かくれんぼ。

しかし大人目線で見るとめちゃくちゃ危なく感じる。

公衆トイレやスーパーのトイレで不審者に遭遇する情報は小さい子を持つ保護者ならどこかしらで目にするはずだ。全国のニュースになってしまうような悲惨な事件から、近所のスーパーで被害にあう事件まで…驚くほど身近に子供を狙う危険が潜んでいる。

娘の通う小学校からも出るわ出るわの不審者情報。

月一のお便りとセットくらいの間隔で不審者の情報が届くのだ。

世界のどこよりも治安が良いとされる日本だが、それって成人男性から見ての話であって、女性や小さい子供から見たら全っ然危ないんだなと驚愕した。

 

そしてそんな情報を知った上で公園で散り散りになっていく子供たちを見たら、呑気に隠れんぼどころではいられなくなってくる。

トイレに隠れちゃだめね!

ここから見える範囲で、遠くに行きすぎないで!

子供にとっては面白さ半減であろうことを咄嗟に叫んでしまったが、何かあってからでは遅すぎるのだ。

 

図書館も危ない

我が家の近くの図書館でも不審者情報が出た。

図書館すら気をつけないといけないのかよと思うが、図書館も高齢者とホームレスのような大人の利用者が多いことからも納得できなくはない。

公園、スーパー、図書館と、無料で入れて、子供と大人がいても違和感がないところは子供を狙いやすいのだと思う。

娘は友達と子供達だけで利用することもあるので、トイレなど個室にはなるべく行かないように、行くときはできるだけ友達と利用するように伝えている。

 

無料で利用できる場は基本的に危険だという事実

このような文章を読んで過剰な親だと思うだろうか。

子供を持つ前の俺だったらそう思ったかもしれない。

しかし成人男性である自分と、小学生の子供では狙われる確率が圧倒的に違う。

これは保護者だから過剰になっているという感情的なことではなく、事実なのだ。

自分が今まで危険だなんて考えもしなかった場所が、子供たちにとっては危険な場所になる事実。基本的に無料で利用できる場所は危険であると思っても良いくらいである。

子供を連れて出かける世界は、自分では気付かない危険に満ちていたのである。

 

f:id:s2m-k2h5:20181017000956p:plain

 

 

 

僕だけがいない街 (1) (カドカワコミックス・エース)

僕だけがいない街 (1) (カドカワコミックス・エース)

 
僕だけがいない街 コミック 1-9巻セット (カドカワコミックス・エース)

僕だけがいない街 コミック 1-9巻セット (カドカワコミックス・エース)

 

「子供から見た大人の恐怖」が描かれている作品。

漫画としてめちゃくちゃ面白いのだが、「子供目線から見た得体の知れない大人」の描写がとんでもなく怖い。

 

大人になると薄れてしまうけど、子供にとって「知らない大人」は恐怖の対象でもあるということを忘れてはいけない。

 

 

子どもが体験するべき50の危険なこと (Make: Japan Books)

子どもが体験するべき50の危険なこと (Make: Japan Books)

  • 作者: Gever Tulley,Julie Spiegler,金井哲夫
  • 出版社/メーカー: オライリージャパン
  • 発売日: 2011/05/26
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • 購入: 19人 クリック: 476回
  • この商品を含むブログ (25件) を見る
 

 

 

 

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

SNSの活動紹介

主夫と創作の2つの活動をしています。

 

家事育児などの主夫関係

・Instagram主夫漫画用アカウント(★フォロワー数12万人突破!)

・Twitter主夫活動用アカウント

・LINEスタンプ「専業主夫の日々(40枚)」

 

創作活動

note店長と店員君シリーズnote限定有料漫画を公開しています

現在第1弾~第6弾まで公開中!

◆たくさんの方にnote限定有料漫画を読んでもらい、感謝しています!

※第5弾「祐介を落とす遊園地」はお試し版note限定有料漫画です。気になる方は是非!

・Instagram創作活動用アカウント(★フォロワー数3.5万人突破!)

・Twitter創作活動用アカウント

・LINEスタンプ「店長と店員君(40枚)」

 

【スポンサーリンク】