主夫の日々

主夫になって知った家事育児の大変さを発信しています。

【スポンサーリンク】

休日の家事育児が大変というのは当たり前では?という反応をする人は表面の部分しかわかっていない件

 

少し前ですが、休日の家事育児が大変だと言う記事を書きました。

 

いつも通り記事公開と同時に様々な反応が。

「休日に子供がいるのはサラリーマンの時も一緒でしょ?」

「子供の時に家事の大変さを学んでおかないとこういう大人になる」

うるせえぇぇぇ~~~~!!!

と心の底から思ったが、仕方ないので今回はこれらの反応に注目していきたい。

 

上記エントリーで伝えたかったことは

「サラリーマンとして見る休日の家事育児と、家事育児主担当者として家事育児をする休日は全く別物だった」ということ。

要するに、サラリーマンなどの働いている側に向けて書いているわけですがいやあ、本当に伝わらないものですねぇ…

そんなわからない人達のために、今回はもう少し詳しく書くことにします。

 

休日の家事育児

サラリーマン時代の休日も子供は2人いました。当然ながら今よりどちらも幼い。

しかしその時の俺は家事育児主担当者ではなかったので、どれだけ普段から家事育児に参加していても主担当である今とは家事育児に対する責任感が違いました。

これはどうしようもないことです。

だからこそ働く側だった自分が家事育児の主担当者になってわかった大変さを発信することに意味があるのです。

 

働く側から見える休日の家事育児

話を戻します。

 

家事育児の主担当者ではない方から見る休日の家事育児はそこまで大変には思わない。

何故なら家事と育児を同時にやるという考えがないから。

子供が騒いでいる→子供の相手をする

食器がシンクにある→洗い物する

多くの働く側はこう見ていることだろう。俺もそうだった。

家事育児のタスクのうちの何かができていないからそれをやるか、という感じ。

というより上記は自分から気付いて行動しているという点で、働く側が参加している状態としては満点かな。

多くの働く側の人は、シュフに言われるまで気付かないことも多いようだ。

または気付いても面倒そうで動かない、自分の仕事じゃないからと動かないことも。

いずれにしてもシュフの大変さを知らないとそもそもの視点が違うので、理解がある方でも自発的に動くのは難しいと思う。

 

シュフが見ている休日の家事育児

しかし、休日の家事育児をシュフの視点から見ると以下のようになる。

 

朝ごはんが終わった後、子供が何やら騒いでいる

子供の相手をしたいが食器の片付けも洗濯物干しも終わっていない

子供が喧嘩を始めたので仲裁に入る、家事のタスクは止まったまま

やっと子供が落ち着いたので家事に手を付けるが子供の勉強を見ていない。

家事を終えて子供の勉強を見ているうちに昼食(または夕食)の準備もしないといけない

料理の準備もしたいけど、洗濯物を取り込まなくてはならない、掃除もまだしていない…

 

…と、こんな感じだ。

休日は常に家事と育児を交ぜた複数のタスクを抱えている。

だから家事はなかなか進まないし、かといって家事を優先すると子供の相手が疎かになり子供の怒りが爆発したり兄弟喧嘩が発生したりする。

家事と育児がセットになるとはこういうことだ。

平日なら子供が学校や幼稚園でいない昼間にできるだけ家事を終わらせておくことで、何とか子供が帰って来てからも家事も育児もタスクを消化できる。

それが休日では子供が朝から晩までいるから、一日中家事と育児が同時進行になる。

 

f:id:s2m-k2h5:20180911194532p:plain

※LINEスタンプ「専業主夫の日々」…の選考漏れイラストより

 

 

家事と育児の同時視点

働く側とシュフで休日の家事育児の大変さの感じ方が違うのは、この「視点の違い」が原因だ。

それもそのはず、常に複数のタスクを抱えているシュフと、何か一つにしか目がいかない、または言われるまで気付かない働く側では感じ方に違いが出るのは当たり前のことだ。

仕事でも色んな仕事を抱えると一人ではどうにもならないことがあるだろう?誰かの助けがなければ回らないことがるだろう?それと同じだ。

家事育児は仕事と何も変わらない。

だからこそ、家事育児の大変さを認識しておかなければならないのだ。

この家事育児を同時にするという視点をパートナーが持っているかどうかで、シュフの家事育児の難易度は天と地ほどの差が出るので、働く側は是非この視点を持つようにしてもらいたい。

 

見当違いな反応をする人達へ

俺が大変大変と毎回書くのは、何回書いてもなかなか伝わらないからだ。

むしろ一度書くだけで伝わっているのなら、今頃シュフは皆楽になっているはず。

そして一番の改善策は、働く側が「家事育児の大変さを理解すること」だ。

 

 

また今回は休日の家事育児について書いたために「休日に比べて平日は簡単だ」と書いたけれど、休日に比べればというだけで平日の家事育児も十分に大変だ。

シュフは「働かずに家にいる」のではなく、日々家事育児という仕事に取り組んでいるということを真の意味で理解して欲しい。

 

 

 

 

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

SNS活動の紹介

 

家事育児などの主夫関係

・Instagram主夫漫画用アカウント(★フォロワー数12万人突破!)

・Twitter主夫活動用アカウント

・LINEスタンプ「専業主夫の日々(40枚)」

 

創作漫画

note店長と店員君note限定有料漫画を公開中

★たくさんの方にnote限定有料漫画を読んでもらい、感謝しています!

第1弾「店長過去編~別に良くない?誕生秘話~

第2弾「プレゼント騒動編・裏側~店長が選んだ皆へのプレゼント~

第3弾「ゴールデンウィークお泊り編~2人だけのお泊り会~

第4弾「2人で花火大会編~夏と花火と心揺れる祐介の乱~

第5弾「祐介を落とす遊園地」←お試し版note限定有料漫画

・Instagram創作漫画用アカウント(★フォロワー数3万人突破!)

・Twitter創作漫画用アカウント

・LINEスタンプ「店長と店員君(40枚)」

 

【スポンサーリンク】