主夫の日々

主フだからって1人ですべての家事をする必要はないよ

【スポンサーリンク】

縮むなら 服を変えよう ドラム式

「乾燥すると服が縮みませんか?」という質問が定期的に来ます。普段オシャレに気を使っている人は特に気になりますよね。結論から言えば、縮む服と縮まない服があります

そして縮んで欲しくないオシャレ着は、残念ながら縮みやすいです。ただ必ずというわけではありません。そして体感ですが、綿100%の服は縮みにくいor縮んでも着るとすぐ元に戻る傾向にあるようです。逆にニット系の服はパッと見でわかるほど縮むこともあります。

そんな服が縮んでしまうドラム式洗濯乾燥機の乾燥機能ですが、それでも使うべきだと断言します。

f:id:s2m-k2h5:20211126151549p:plain

縮むなら服を変えようドラム式

これは我が家の持論ですが、「乾燥すると縮むなら乾燥しても縮みにくい・縮んでも良い服に入れ替えれば良い」と思っています。手で干してでもオシャレをしたいという人は別として、オシャレより家事を減らしたいという人(家庭)は服を入れ替えてでも乾燥機能を使うべきです。

洗濯の工程を減らすことが最優先

家事をメインで担当する主フにとって一番重要なのは「家事が減ること」だと思います。となれば乾燥機能を使って、干場までの移動+干す+取り込むをなくすのは何より優先すべきことではないでしょうか。

(これはあくまで洗濯を楽にしたい人限定の話です。)

何が一番重要かを考える

何が一番重要なのか。我が家はオシャレより洗濯が楽になることでした。これは主婦経験者の奥さんも同じ。そして使い始めの頃に夫婦で縮んだ服を見て、よし全部綿100%にしよう!となったのでした。

f:id:s2m-k2h5:20211126151719p:plain

以後買う服は綿100%を基準にし、さらに縮むことを想定して、常に少し大きめのサイズを買っています。またポリが多い服は基本的に処分しました。

 

何よりもオシャレ優先!という人は、縮む可能性のあるので乾燥機能は使うべきではないでしょうね。もっともオシャレを優先できるのは時間のある時だけで、家事に追われ時間がなくなれば、大抵の人は乾燥機能を使うようになりますよ

便利過ぎて家電に合わせて人が変わっていく

とはいえ一度洗濯から「干場までの移動+干す+取り込む」がなくなったら、やっぱり自分はオシャレ優先!となる人はあまりいないと思います。それくらい便利で快適。寝る前にセットしたら、朝起きたらあとは片づけるだけ。こんなに快適なことはないですよ。

ちなみに俺はドラム式洗濯乾燥機を買うまでは「洗濯なんて別に苦じゃない」と思っていました。でもなくなったことで自分は洗濯に少なからずストレスを感じていたのだと知ったのです。

家電は使い方次第

家電は楽にすることを目的に作られていますが、逆に楽になるのと引き換えにリスクを負うこともあります。乾燥すると縮む可能性があるのはまさにこのリスクですが、リスクを恐れていては家事は減らせません。

家事はやることが多岐にわたります。だからリスクを恐れず、少しでも楽になるようにしていきましょう。

 

現在我が家でオシャレ着というと奥さんの仕事着くらいですが、それもオシャレ着というほどではなく、しかもそれも一緒に乾燥までしています。ですが現状特に問題がないことを最後に明言させていただきます。

それではー!

 

★★★★★★★★★★

 

書籍発売中!

主婦をサラリーマンにたとえたら想像以上にヤバくなった件

主婦をサラリーマンにたとえたら想像以上にヤバくなった件

  • 作者:河内 瞬
  • 発売日: 2019/11/01
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

主フの本音を書籍化!

 

楽天ROOM

普段使っている日用品や愛用品はここに。

 

各種リンク

InstagramTwitter楽天ROOMnote

LINEスタンプ(←昔勢いで作ったけど今や黒歴史)