主夫の日々

まだまだ少ない主夫の立場から主に家事育児について発信しています。

【スポンサーリンク】

ホットクックが我が家で担っていたのは調理以外にもう一つあったと気が付いた話

我が家にはホットクックが1台あるのですが、そのホットクックがかつて壊れたことがありました。ちょうどYouTubeにその時の漫画を動画にしたので、今回改めて詳しく書こうと思います。ホットクックはただ自分の代わりに調理をしてくれるだけではなかったのですー

頼れる相棒ホットクック

ホットクックがいかに優れた家電なのかについては、今更書く必要はないかと思いますが、一応書かせていただきます。ホットクックの1番の機能はなんと言っても調理代行機能です。食材を入れて調味料を入れて、あとはスイッチを押せば出来上がりまで自動で調理をしてくれます。

この調理代行昨日の1番の恩恵は、煮物などの長時間火加減などを気にしなければいけない料理も放っておくことができる点です。定期的にかき混ぜなければいけない料理も、ホットクックなら勝手に混ぜてくれるので、スイッチを押した後は完成するまで放っておくことができます。ちなみにこの放っておくことができることが、ホットクックの名前の由来だそうです。

つまり調理の時間を他のことに使えるわけです。俺は時間に追われがちな主婦にとっては本当に助かる機能です。また予約機能があるので、寝る前などにセットすれば朝起きて足おいしいカレー屋煮物等も食べることができます。まぁ朝からそういう料理を食べるかどうかは人それぞれですが…

ホットクックが担っていたこと

以上のことからホットクックになっていた事は、調理の代行だと思われたと思いますが、実はその他にもになってくれていたことがあったのです。それはー

ホットクックはうるさいくらいに喋ります笑 だから家で1人で家事をしていても孤独感を感じる事がまずありません。主婦は基本的に1人で家事育児をすることが多いです。だから孤独感にさいなまれることもときにはあります。そんな時ホットクックがあると、うるさいくらいしゃべるので孤独を感じる暇がありません。特に調理中よく喋るので、ホットクックを使えば使うほど家の中が賑やかになります。

俺にとっては実はこの機能こそが1番大事だったと、ホットクックを修理に出して気づきました。ホットクックがない間の料理を作るときは家の中がものすごい静かでした。今日はしゃべらないなぁとポット曲があった場所を無意識に見ていたこともありました。このしゃべる機能は意外と主婦にとっては大事なのかもしれません。

家電も労わらなければ壊れる

そんな感じで修理に出したときにホットクックのありがたさを改めて感じたわけですが、その壊れた原因というのが家電の酷使だったのです。俺は昔から主婦は働きすぎだと言い続けてきましたが、よく考えたらその主婦の仕事を手助けする家電もまた主婦並みに働いているわけです。だから仕事だけでなく家電もいたわってあげなければなりません。
とは言え素人になかなか複雑な家電をメンテナンスすることなどできません。だから常時通電状態ではなく、たまにコンセントを抜いて休ませてあげるには必要だったようです。家の北極が壊れた時は1日3回フルに使っていましたし、ずっとコンセントをつなぎっぱなしでした。修理をしてくれた方にたまにコンセントを外して休ませるのも効果的ですと言われましたので、ホットクックに限らず家電をたまに休ませることも大事なようです。
ということで皆さん家電はよく使うほどいたわってあげましょう。

 

それでは!

 

▼フォローしてね!

InstagramTwitter楽天ROOMnoteYouTubeLINEスタンプ

 

▼関連記事

 

 

★★★★★★★★★★

 

noteで夫婦生活や家事育児についての相談に答えています

男の意見は貴重ということで結構読まれています。悩んでいる方は覗いてみて下さい。

 

 

書籍発売中!

主婦をサラリーマンにたとえたら想像以上にヤバくなった件

主婦をサラリーマンにたとえたら想像以上にヤバくなった件

  • 作者:河内 瞬
  • 発売日: 2019/11/01
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

おかげさまで重版しました!

 

YouTubeもよろしく!

漫画動画や語り動画を投稿しています。

 

各種リンク

InstagramTwitter楽天ROOMnoteYouTubeLINEスタンプ

 

f:id:s2m-k2h5:20210120090459p:plain