主夫の日々

まだまだ少ない主夫の立場から主に家事育児について発信しています。

【スポンサーリンク】

子供に残されるのが一番辛いから子供の好きな料理ばかり作るようになって、大人が食べたいものは食卓に並ばなくなった話。

 

シュフ業の料理の大変さ

シュフ業の料理で一番大変なのは、「料理を毎日作ること」である。

これが何と言っても凄く辛い…

 

また「毎日続くこと」に匹敵する大変さが献立決めだ。

毎日朝から朝食を作り、同時に昼食や夕食の献立を考えて、夕食の準備を始める時に冷蔵庫の中身を見ながら翌日の献立を大まかに考える。

そして翌日の朝からまた同じことの繰り返し…

 

「毎日の調理」と「毎日の献立決め」

この2つがシュフ業の料理の大変さの正体だ。

 

たまに作る料理はあくまで趣味

主夫になる前のサラリーマン時代、休日に料理を作ることもあった。

家族の美味しい!という顔が見たくて作るので凄く楽しかったし、また仕事のストレスのリセットにも効果的だった。

サラリーマン時代の俺にとって料理は楽しかったのだ。

それが主夫にって毎日続くことで一変した…

今では慣れたが、主夫になりたての頃は調理器具を見るだけで憂鬱になることもあったくらいだ。

 

料理を残されることの辛さ

そんなシュフ業で最近新しい悩みが出てきた。

それは子供の好き嫌い問題である。

昔は食欲の塊で食べ物は何でも美味しい美味しいと言って食べていた次女が、最近「これ苦手なんだよね」と言って残す料理が出てきた。

これは作る側にとってはなかなかの問題である。

 

 

無言完食よりも辛い

無言完食どころか、作ったものを残されるというのはシュフの精神状態に多大な影響を及ぼす

以前は俺が食べたい物や奥さんが好きな物でも次女は喜んで食べていた。

それが好き嫌いがはっきりしてきた今は、問答無用で残すのだ……

作り手にとって「残す」というのは美味しいと言われないこと以上にダメージが大きい。だから残さないように動いてしまう。

つまり「次女が残す料理」を作らないようになったのである。

だから自分が食べたい物は平日の昼食か外食時くらいしか食べなくなったのである…

 

f:id:s2m-k2h5:20181229131549p:plain

※LINEスタンプ「専業主夫の日々」…の選考漏れイラストより

 

残されないように立ち回るようになる

結局のところシュフは家族が残さないような料理を作るようになるのだ。

何故ならそれが一番ストレスを抱えないで済むから。

同じ家事、同じ料理でも、やはり一人暮らしの時と夫婦の時、そして子供がいる状態では対応が全く異なるのだ。

 

 

・美味しいと言う

・残さず食べる

これはシュフに対して毎日の料理のお礼であり感謝のしるしなのだ。

席に座っただけで料理が出て来る場所は、家庭の食卓以外にはないのだから。

 

 

忙しい人専用 「つくりおき食堂」の超簡単レシピ (扶桑社ムック)

忙しい人専用 「つくりおき食堂」の超簡単レシピ (扶桑社ムック)

 

 

 

 

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

SNSの活動紹介

主夫と創作の2つの活動をしています。

 

家事育児などの主夫関係

・Instagram主夫漫画用アカウント(★フォロワー数13万人突破!)

・Twitter主夫活動用アカウント

・LINEスタンプ「専業主夫の日々(40枚)」

 

創作活動

note店長と店員君シリーズnote限定有料漫画を公開しています

◆たくさんの方にnote限定有料漫画を読んでもらい、感謝しています!

pixiv

◆Twitterに投稿したイラストやpixivのみのイラストをまとめてあります

・Instagram創作活動用アカウント(★フォロワー数4万人突破!)

・Twitter創作活動用アカウント

・LINEスタンプ「店長と店員君(40枚)」

【スポンサーリンク】