主夫の日々

主夫になって知った家事育児の大変さを発信しています。

【スポンサーリンク】

毎日の料理を目分量でするのは面倒だから。これで感謝の言葉もないのなら手作り料理にこだわる必要もない。

 

今は懐かしきサラリーマン時代。休日に作る料理は仕事のストレスリセットに大いに役立ったが、これが毎日になった途端料理自体がストレスの原因になった。

だから俺は毎日の料理が本当に面倒だと思っている。

 

 

今はまだ「家族のために」という一点のみで頑張れてはいるが、いつまで続くかはわからない。

毎日の料理が好きと言える人は本当に尊敬に値すると思う。俺にはとても無理だからだ。

好きなタイミングで作れる趣味の料理と、毎日決まった時間に強制的に作らされる家事としての料理では感じ方に差が出るのも仕方ないだろう…

だから「毎日の料理が好き」と言える一部の人以外は、AI家電を駆使し手作り料理を止めるべきなんだ。

 

f:id:s2m-k2h5:20180923161204p:plain

 

毎日の料理が嫌いな理由

俺が毎日の料理が嫌いな理由は2つある。

1 毎日面倒である

2 味にばらつきがある

この2点だ。

料理嫌いな多くの人は1の理由だけかもしれないが、俺にとっては2番目の「味にばらつきがあること」も大きな理由だ。

作って味見をし、イマイチだった時の不快度がハンパじゃない笑

誰しも作る以上美味しい料理を作りたいだろう。

でも毎日の料理は面倒だから、つい調味料が目分量になってしまう。

絶対の自信があるとかそういうことではなくて、調味料を量ること自体が面倒だから省略してしまう。

でもそれではいつも美味しい料理ができるわけがない。

 

たまに作る料理は楽しいが毎日の料理は大変

サラリーマン時代は料理が好きだった。

たまに作って家族が美味しいと言ってくれればそれだけで、仕事のストレスなどどこかに行ったものだ。

それがシュフになって来る日も来る日も料理を作っていると当然飽きる。

飽きれば毎日の料理を面倒に感じてしまうのだ。

これが仕事だったらまた違うのだろうが、シュフにとって家事は仕事だが報酬は発生しない。そこが決定的な違い。同じく仕事なのにね…

 

 

おまけに作ってもらっておいて、ただ食べておいて感謝もせず、それを当たり前に思う人も多い。

そんな状態で面倒に感じず、嫌いにもならず、ストレスも感じないような人はいないと言っても良いだろう。

 

味にばらつきがある問題

お菓子作りの時に分量を量らないで全て目分量で作る人はまずいないだろう。

お菓子は分量が少し違うだけで味や膨らむ加減などに大きな差が出るからだ。

では毎日の料理で毎回しっかりと分量を量る人はいるかというと、目分量の人も多いと思う。

毎回量るのが面倒、失敗が見えにくいのと、なにより後から調理量を増やしたりして誤魔化しがしやすいからだ。

結果的に物凄く美味しくできる時とイマイチな時が出てきたりと、味にばらつきが出てしまう。

目分量にすれば計量カップなどを使わなくなるから洗い物は減るし、測る時間もなくなる。毎日やるからこそきちんとしなければならないところを、毎日だから手を抜いてしまう。そして味にばらつきが出る日々の始まりだ。

「それが家庭料理が飽きない理由だ」という意見も目にするけど、そんなのはただの言い訳だ。誰だって毎日同じように美味しい料理を作りたいし食べたいだろう。

味のばらつきは嫌だ!でも面倒を増やしたくもない!この両方を可能にするのが「AI家電」なのである。

味をいつも均一に、そしてボタンを押して放置できるAI家電が登場しているのに手作りにこだわる必要はなくなってきていると言って良いだろう。

 

続けられるのは家族からの感謝があるから

そしてシュフが面倒な毎日の料理を続けられるのは「家族からの感謝」があるから。

俺は度々「シュフが一番求めるのは大変さの理解」「家族からの感謝が大事」と書いているが、つまりシュフが求めているモノって「物」じゃないんだよ。

「いつもありがとう」「美味しかった」「大変そうだね」などなどの感謝の言葉さえあれば大抵のことは頑張れるのだ。

 

 

大変さを理解していつもありがとうと言ってくれるだけでシュフの大半は救われるのだが、こんな簡単なことすらパートナーからしてもらえないシュフはまだまだ本当に多い。

パートナーが持つべき認識は「家事の主担当者はやって当たり前」ではなく、「自分の家事をやってもらっている」という認識だ。

たったそこを理解するだけで、何も大変なことではない。

 

作り手をシュフからAI家電へ

毎日の料理は面倒で、それでいて感謝もなかなかされない。

となるなら、もう料理を手作りにこだわる意味ももはやないだろう。

繰り返すが毎日の料理は本当に面倒だ。

だから毎日の料理に苦労しているシュフは手作り料理から解放されて良いのだ。

何故なら料理は人が作るよりAI家電の方が美味しく・しかも自動で作れるようになったのだから。

 

 

料理の作り手がシュフからAI家電に変わっても何も問題はない。

手作りは愛情だって?

そんな幻想に囚われている人が多いから、苦労しているシュフのためにホットクックのようなAI家電が発明されたんだよ。

分量さえ変えなければ毎回同じ味の料理が作れるAI家電。

これはもう人が毎日自分の時間を何時間も使って料理を作る時代が、いよいよ終わりを迎えたと言って良いと思う。

毎日料理を手作りすることの大変さをわからない・わかろうとしない人のために、シュフが自分の時間を使い手作り料理を作る必要はもうないのだ。

 

勝間式 食事ハック

勝間式 食事ハック

 

 

シャープ ヘルシオ(HEALSIO) ホットクック 水なし自動調理鍋 2.4L 大容量タイプ レッド KN-HT24B-R
 

 

 

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

SNS活動の紹介

 

家事育児などの主夫関係

・Instagram主夫漫画用アカウント(★フォロワー数12万人突破!)

・Twitter主夫活動用アカウント

・LINEスタンプ「専業主夫の日々(40枚)」

 

創作漫画

note店長と店員君note限定有料漫画を公開中

★たくさんの方にnote限定有料漫画を読んでもらい、感謝しています!

第1弾「店長過去編~別に良くない?誕生秘話~

第2弾「プレゼント騒動編・裏側~店長が選んだ皆へのプレゼント~

第3弾「ゴールデンウィークお泊り編~2人だけのお泊り会~

第4弾「2人で花火大会編~夏と花火と心揺れる祐介の乱~

第5弾「祐介を落とす遊園地」←お試し版note限定有料漫画

・Instagram創作漫画用アカウント(★フォロワー数3万人突破!)

・Twitter創作漫画用アカウント

・LINEスタンプ「店長と店員君(40枚)」

 

【スポンサーリンク】