専業主夫の日々

サラリーマンから専業主夫になった男の日常

【スポンサーリンク】

子育てには子供の2倍の人数の大人が必要だと主張したい

 

なんだかんだでもうすっかり秋ですが、夏休みに帰省した際子育てが本当に楽でした。俺の実家と奥さんの実家両方に帰省したのですが、お互いの実家には両親がいるので帰省時にはうちの夫婦を含めて大人が4人、子供の2倍の数の大人がいたことになります。そのときの子育てがめちゃめちゃ楽だった

意外なのが全員が子育てに積極的にコミットしているわけではないということ。久々に孫に会えた両親がずっと面倒を見ていたかと言うと決してそうではありませんでした。

ただ大人の人数が増えるだけで子育てがぐんと楽になったのです。

子供は自由に大人の間を行き来して気ままに過ごします。誰かが一生懸命子供を見ているわけではないのですが、子供の行き来する場所が増えることで一人一人の大人の負担が劇的に軽くなり楽だと感じるのです。

両親が我が家に遊びに来た時も同じことを感じたので、環境の変化と言うよりやはり大人の人数の問題なのかなあと思います。

で、この人数が結構ポイントで子供の2倍の人数いるとグンと楽に楽なる気がする。もちろん多いに越したことはないんだけど、大人が2人、3人の時と比べると倍の4人になったときに一気に楽になるんです。

だから子供が1人なら大人2人で、子供が2人なら4人、3人なら6人くらいいると凄く楽だし、逆にそれ以下になったり、ましてや夫婦のどちらかが協力的でなくて1人になってしまうと精神的にもかなり厳しくなるんじゃないかなと思ったりした。

でもきっとこの必要人数は満たしていない家庭の方が多いと思う。我が家も子供が二人だから常時この必要人数を欠いてるわけで、やっぱり日々子育てしているとだんだんと色々な疲れ・ストレスがどうしても溜まっていきます。それを知ってか知らずか奥さんが休日は子供を積極的に見てくれるので、1人で出掛けたり友人と出掛けてリフレッシュできるのが本当に有難い。

本日も朝から友人と1日出掛けて、行きたかった個展に足を運び、気になってた勉強会に参加した後カフェで休憩して本屋行って晩御飯食べて帰ってきました。 

最高過ぎる…

1人になる時間って子育てしている人間にこそ必要だよなあ…世の主婦さんがランチ行きたい気持ち、今なら昔の100倍わかる。

 

 ★★★

帰省時の漫画

外出先で人に優しくされると嬉しいものですが、子供に優しくされた時その喜びは何倍にもなります。

外出先で子供に優しくされた時、孤独だった子育ては「一人のもの」ではなくなるのです。

 

f:id:s2m-k2h5:20171014201645p:plain

f:id:s2m-k2h5:20171014201725p:plain

f:id:s2m-k2h5:20171014201807p:plain

日常・子育て漫画はインスタに沢山アップしているので是非見て下さい!

 

 

 

Twitter

河内瞬@専業主夫 (@syufu_desu) | Twitter

ブログの更新通知の他に、日常の気付きを呟いています。

 

 

Instagram

河内瞬 (@kawauchisyun) • Instagram photos and videos

外からは見えにくい家事・育児の大変さや、主夫の現在とサラリーマン時代を対比した漫画などを描いています。 

 

【スポンサーリンク】