専業主夫の日々

主に主夫や子育てについての考えを文章メインで更新中。現在主夫漫画はInstagramへ移行し、Twitterにもたまに創作漫画をアップしています。

【スポンサーリンク】

怒らない子育てを実践してみた【5日目最終日】

 

怒らない子育て実践【5日目最終日】

やっっっとのことで5日間の怒らない子育て実践が終了しました。子供達は無事寝ました。そして…

疲れました

疲れたけど学びの多い5日間でした。読むのとやるのは違うなあと。

実践ブログは終わりですが、今後も怒らない子育てを意識しながら子供と接していきたいと思います。

 

最終日の出来事

平日で子供と接する時間が少ないし、4日間の実践で少しは怒らない子育てが身に付いたので楽なはず…だったのに

1.学校での心配事が原因で長女が帰って来てからずっとため息。聞くと実際には起こっていない、しかもただの長女の心配ごとなんだけど、何をしても「はぁ~…」とずっと大きなため息をついている。(気持ちはわかるが少々しつこい…)

2.次女が体調を崩したため医者に行くが超混んでるため一度帰宅。その後時間になり行こうとしたら、「行きたくない!」と大泣き(最後の最後でとんでもないのが来た…)

 

怒りを即座に分類

1.長女の連発ため息→話を聞いたり共感したりしたがあまり解決になっていないようだった。アドバイスするも微妙な反応。こういうのは母親の方が良いのかもね。どうにもならないのであまり気にしないようにした。(怒っても仕方ない問題)案の定奥さんが帰ってくるとリラックスした様子で色々と話しているうちに落ち着いたみたい。

 

2.次女の大泣き→これも仕方がない。俺が子供でも行きたくないだろうし、怒ってもどうにもならない。無理に泣き止ませずにちょっと泣かせた後に、お薬早く貰って来ちゃおう!と励ました。

 

5日間の実践を終えて

「怒らない子育て」は確かに有用な子育て方法でした。怒りながら言っても子供の中には「怒られた」ことしか残らないし、自分自身も怒ったという感情しか残らない。怒らずに気持ちを整理して考える作業を繰り返すことで、親本位でなく子供の気持ちに立って考えることが出来ます。

ただし、本を読んでいきなり出来るようになるとは思いません。

俺の場合はとにかく5日間は怒らないようにと気を張りながら過ごしました。おかげで精神的には疲れました。やっぱり怒り癖が自分の中についてしまっているんですよね…怒りの元になりそうなことは極力排除して、どうにもならないことは諦めて放置したりもしました。

「諦める」「積極的に受け入れる」「無視する」など、見方によっては育児放棄ととられるような場面も場合によってはあるかもしれません。

しかし怒る=しつけなのでしょうか?子供に理解を示さず親の不都合なことを怒るのがしつけ、子育てだとしたら、その主張は少し短絡的すぎる気もします。

 

怒らない子育てとは

怒らない子育てとは子供の気持ちに理解を示し続ける子育てであると思います。大人相手に怒って言うことを聞かせようとする人はあまり好かれないないように、相手の気持ちに立って考えることは夫婦生活や対人関係全てにおいて超・重要なスキルです。親が自分の不都合になるから、家事の妨げになるからと言って短絡的に怒るのではなく、理解する姿勢を身を以って示し続けることこそが怒らない子育ての本質なのではないでしょうか。

 

怒りの原因を排除せよ

もちろんそうはいっても子供とは本能の生き物。幼くなればなるほど本能に忠実であり、話はあまり通じません。大人に取ったら非常に理不尽な要求をされることも多々あり(笑) 理解を示すのが困難を極める場面もあるでしょう。だから怒らないようにすることより注力すべきは「イラッとしそうなことをいかに事前に潰せるか」だと思います。怒らない環境づくりです。

怒る出来事が発生してから「さあ怒らないようにするぞ!」と思ってもそれは非常に難しい。

「いかに先回り出来るか」に尽きます。これが5日間の実践で俺が見い出した「怒らない子育て」の極意です。

「怒らない子育て」とは親自身が自分を律する子育てではなく、「怒らないように色々と準備をしながらする子育て」ということです。

(実践してきた、怒りを分類して怒る必要のないものを決めたり、第一感情を伝えるようにして怒らず感情を伝えるようにしたり…ということもその一つでしょう)

 

 

子育てにストレスを感じている方、なんだか子供に怒ってばかりだと罪悪感を感じている方…是非怒らない子育てを実践してみてはいかがでしょうか?

怒らない子育ては子供よりも、親自身を楽にする子育てだと思うのです。

マンガでよくわかる 子どもが変わる怒らない子育て

マンガでよくわかる 子どもが変わる怒らない子育て

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Twitter

河内瞬@専業主夫 (@syufu_desu) | Twitter

ブログの更新通知の他に、思ったことなどを呟いています。

たまにInstagramにアップしたマンガをツイートすることも。

 

Instagram

河内瞬 (@kawauchisyun) • Instagram photos and videos

外からは見えにくい家事・育児の大変さや、主夫の現在とサラリーマン時代を対比した漫画などを描いています。 

 

▶ブログ:文章記事メイン

▶Twitter:主夫ネタ、その他考えたこと

▶Instagram:漫画メイン

【スポンサーリンク】