専業主夫の日々

サラリーマンから専業主夫になった男の日常

【スポンサーリンク】

料理男子ウザいって言う人いるけど男性も料理できた方が奥さんの負担も減っていいよね、という話

 

以前起こった不思議な話です。

 

現在俺は専業主夫をやっています。

子供の身支度や学校関連の用事と、洗濯掃除等の家事は俺が全て担当。

朝食担当は主に俺で、平日の昼食は俺しかいないことが多いので自分で用意、夕食は奥さんと二人で用意という分担でした。

だから朝食・昼食は自分で作るのですが、夕食は奥さんが下ごしらえをしてそれから二人で調理という状態が多く、日常的に料理をしていても自分一人だけで作った料理を家族に披露することはあまり無かったと思います。昼に夕食用のおかずを作っても副菜として出すとかですね。

(追記:もっとも今は奥さんの仕事が忙しくなり、料理含め家事全般を俺一人でこなしています)

 

そういう前提があり、本題です。

そんなある日、奥さんが仕事から17時頃帰ってきました。

夕飯用に冷蔵庫にサラダと漬物と味噌汁、野菜と炒めるつもりなのか豚肉が解凍してありました。

奥さんが料理を並べ出し、ごはんと味噌汁も出した状態で疲れたから一休み~と椅子に座りました。何故この段階で・・・と思いましたが笑 じゃあ肉炒めるよと俺が台所にスタンバイ。冷蔵庫を見ると、茄子とピーマンとトマトとキャベツがあって、ピーマンと豚肉を炒めることに。シンプルだけどガッツリな味付けにしたくて、ニンニクとショウガを千切りにしてさっと炒めてから豚肉と大き目にカットしたピーマンを投入。

味付けは醤油と、少しの塩コショウ。

たったこれだけ。時間にして10分もかかっていないと思います。

大皿に盛ってドンとテーブルに出して、家族皆でいただきまーす。

そしてご飯を食べ始めると・・・

奥さん「何これ、めっちゃ美味しい」

長女「パパ、つくってくれてありがとう」

次女(一心不乱に食べ続ける笑)

 

女性陣三人の俺を見る眼差しが明らかに尊敬の目に変わりました。

なんだろう、今まで主夫をやってきて初めての感覚でした。

掃除洗濯みたいな家事は感謝に直結しにくいが、美味い料理を作るというのは五感に訴えかけるからか感謝が沸き起こってくるのだろうか。

俺の作った豚肉ピーマン炒めは瞬殺で食卓から女性陣の胃袋へ消え、幸せな笑顔が残りました。

奥さん「本当に美味しかった!また作って!今度実家でも披露してよ!」

長女「美味しすぎた明日もこれ食べたい!」

次女(プリキュアのダンスを踊り狂う笑)

 

 

というわけです。

なんてコストパフォーマンスの良い、と驚きました。

多分コツは奥さんがしないようなガッツリ味付け。奥さんは日々出す食事のバランスを意識しているから、塩分を控えめにしたり優しい味付けをしているパターンが多いと思う。私も二人で作る時は奥さんに倣うが一人の時は男なのでニンニクを効かせたり濃い目の味付けが好きなのでそうすることが多い。

そしてそれが家庭の味というより外食テイストで家族受けしたのではないかと想像しています。

(追記:今もたまにガッツリ味付けの料理を作りますがやはり受けはいいですね)

 

全国のお父さん方、休日に簡単な料理でいいから家族に振る舞ってあげると家族の見る目が変わるかもしれないよ

 

 

▼Twitter▼

河内瞬@専業主夫 (@syufu_desu) | Twitter

▼Instagram▼

河内瞬 (@kawauchisyun) • Instagram photos and videos

【スポンサーリンク】