専業主夫になって経験したあれこれ。

世の中には、経験してみないと分からないことがたくさんある。

【スポンサーリンク】

「父の日」が「いつも」と変わらない。そんな「父の日」も良いだろう。

本日、6/19(日)は「父の日」だ

全国の「お父さん」達は、どんな1日

だっただろうか。

 

お店に行くと、

「父の日フェア」の旗がはためく。

「父の日」に貰うと、父親」が

喜びそうなものが沢山並んでいる。

 

子供が、主婦が、また父親が、

自分の父親や旦那さんにプレゼントを

贈る。

 

そんな光景に溢れた一日だったのでは

ないだろうか。

 

貰った、世の「お父さん」達は、

素直に喜んだり、

照れ隠しに悪態をついたり、

色々な反応があったことだろう。

 

良いものです。

「普段の感謝」を込めての「プレゼント」

貰った側の人で、喜ばない人は

そうはいないはずですから。。。

 

 

そんな「父の日」ですが、

私はというと、至って「普通の日」だった。

 

朝起きて、妻と共同で家事を終わらせ、

子供達を連れ、公園に遊びに行く。

午前中は子供達の遊びに付き合った。

 

様々な遊具で遊び、

水遊び場でびしょ濡れになり、

滑り台で肌を擦り、擦りむき、泣く。

そんな子供を宥める。

 

機嫌が直ると、上機嫌で、また遊具に

向かって行く。

そんな子供達をのんびりと眺める。

 

昼食は外食。

子供達は、好きな物を頼み、そして食べる。

子供達の美味しそうに食べる姿を見ながら、

私達も食べる。

 

昼食後は再び、子供達の遊びに付き合う。

子供は子供同士で、すぐ仲良くなり、遊ぶ。

それを微笑ましく見守る。

 

姉妹で違う遊具で遊びたがることもある。

そういう時は、どちらかがどちらかに

付いて行く。

 

「パパが良い!」「ママが良い!」

と、言い出す子供達を何とか納得させ、

それぞれの遊具へと向かう。

 

そのうち、相手の事が気になり、

長女は次女の元へ、次女は長女の元へ

それぞれ向かう。

 

たまに、行き違ってしまい、公園内を

ぐるぐる回る。

見つからないことに怒り始める子供を

なだめ、捜索を継続。

 

見つかると、

「おねえちゃ~ん!」「〇〇ちゃ~ん!」と

互いに駆け寄って行く。

 

また同じ遊具で遊ぶ始める。

それを見守る。

 

時々、遊具から落ちそうになったり、

「滑り台」の滑る順番で、他所の子と

喧嘩になったり、

見てて飽きないが、ハラハラだ

 

何度、焦って駆け寄ろうとしたことか。

ゆっくり見させて欲しいものだ。

滑る順番も、たかだが一人・二人分が

前後するだけだ。

 

どっちでも良いじゃないか。。。

と大人は思うものの、子供にとっては、

一人・二人分が前後するということは、

死活問題なのだろう。

 

皆、目が「マジ」だった。

子供は、遊ぶことにも真剣だ。

 

だからこそ、見ていて飽きない。

だからこそ、見ていて楽しい。

 

まだまだ遊び足りない感じだったが、

夕方になり、公園を後にする。

 

相当疲れたのだろう。

帰りの道中、公園を出てから

そんなに経たないうちに、子供達は爆睡。

 

そんな子供達の寝顔を見ながら、

帰路を行く。

時々聞こえる「寝言」が、また可愛らしい

 

そんな何気ない光景を、一日中見続ける。

面白いと感じない人には、

心底「つまらない」一日だろう。

 

 

しかし、

私には「楽しい」一日だった。

 

先月の「母の日」のような、

煌びやかなプレゼントは無い。

駐車場代も外食代も、結局は私が払ってる。

先週の日曜も、同じ様な「休日」だった。

 

今日したことは、

決して「特別」な事ではない

しようと思えば、毎週出来る。

何も特別なことはしていない。

 

それでも、

私は「楽しかった」。

なら、

それで良いではないか。

 

「父の日」だからと、「特別なこと」を

しないといけないわけではない

 

普段と変わらず、

子供が健康な姿を見せてくれる。

それが、どれだけ大切なことか。

 

子供の成長は早い

すぐに、親とは出かけなくなる。

親より友達を優先するようになる。

 

そうなってから、

「あの頃」に戻りたいと思っても、もう遅い。

 

なら、

「子供と一緒に公園に遊びに行く」ことが、

どれだけ「幸せ」なことなのか

自ずと分かるというもの。

 

その「幸せな日」が「父の日」なのだ。

なら、文句など出てこない。

 

「特別なプレゼント」なんて要らない

子供の元気な姿が見られれば、それで良い。

それが、何よりの「プレゼント」だ。

私は、そう思う。

 

だから、

私にとって今日は、

素晴らしい「父の日」

だったのだ。

 

 

以上、本日はこの辺で失礼を。

それでは、最後までお読み頂き、

ありがとうございました。

ではでは〜。

 

※コメント・はてなブックマーク等、

遠慮なくどうぞ〜(^^)/

 

(⇩)もし良かったら。。。

twitterは↓から。

通りすがりの専業主夫 (@syuhu_ha_taihen) | Twitter

【スポンサーリンク】