専業主夫になって経験したあれこれ。

世の中には、経験してみないと分からないことがたくさんある。

【スポンサーリンク】

主夫になって1年半(くらい)。やっと知った「美味しい」の重み。。。

嫁さんがかつて言ってた。

「食べておいて、「美味しい」と言わないって、どういうこと!?」と。

f:id:s2m-k2h5:20160505111200p:plain

その不満を、私は昨日、初めて理解した。

 

先ずは嫁さんに、「申し訳ございませんでした!」と、謝らせて頂きたい。

何故なら、、、

上記の嫁さんの不満に対して、「美味しそうに食べてるし、何一つ残さないのだから、言わなくても「美味しい」と思ってることが分かるでしょ!?」

f:id:s2m-k2h5:20160505111907p:plain

と、かつての私は言っていたからだ。。。

 

・・・うん。

かつての私、殴らせろ(`□´)≡3

お前は何も分かっていないよ!

食べて、「美味しかったよ」と言うのは、礼儀だ。

f:id:s2m-k2h5:20160505112027j:plain

いや、義務と言っても良いかもしれないな。

 

だって、作ってくれたのですよ?

本来は一から自分で作り、片付けまで自分でしなければならない。

それを、代行してくれているのだ。

f:id:s2m-k2h5:20160505112352p:plain

しかも、愛情を込めて(機嫌が悪いと「憎悪」かも?笑)。

 

なのに、

食べてハイ終わり、では作った側は、面白くない。

面白くない、というより「頑張って作ったのに、感想の一つもないの!?」という不満、が正しいかな。

 

そうだなぁ、、、

サラリーマンでいえば、

上司に、仕事のほとんどを手伝ってもらったにも関わらず、それをさも当たり前の様に、礼も言わないのと同じだ。

 

実際にやったら、、、まぁ良い結果にだけはならないだろう。。。

めんどくさい上司なら、ガミガミと説教してくるかもしれないね。

f:id:s2m-k2h5:20160414110126j:plain

嫁さんは上司ではない(たまに、上司にみたいになるけど。笑)が、だからと言って、「作って当たり前」では決してない!

 


一昨日から昨日にかけて、兄の子供が泊まりにきていたわけだが、食べてもろくに「ごちそうさま」も言わない。

我が家の家族は、その辺素晴らしく、「ごちそうさま」はもちろんのこと、「美味しかったよ」とも必ず言う。

別に、言うように教えたわけではないのです。

多分、嫁さんが必ず言うので、それを見て学んだのでしょうね。

・・・言ってなかった「かつての私」は、もうクソですね(((^_^;)

 

 

つまり、

その兄の子供の様子を見て、初めて

「言われないって、こんな感じなんだ。。。」

と、思ったわけです。

f:id:s2m-k2h5:20160505113121j:plain

・・・いや、多分今までにも気付く機会はあったのだろう。

しかし!

今までは、気付けるだけの余裕が無かったのでしょうね。。。f(^_^;

成長したな、私。笑

 

ホント、世の中「体験するまでは分からないもの」ばかりですよ。

気付いてしまえば、当たり前のこと。

なので、嫁さんに対して、申し訳ない気持ちで一杯です。。。
(それにしても、色んなことに気付き、尻に敷かれるための材料が、どんどん増えていきますねぇ。笑)

 

皆さんは、作ってくれた料理を食べたとき、「美味しかったよ」と言ってあげていますか?
手伝ってもらったら、「ありがとう」と言っていますか?

してもらうことに慣れてしまうと、ついつい言わなくなったり、言わなくても分かるだろ?みたいになりますが、、、

やはり、言わなくてはならないのですよ。

きちんとお礼を言い、次も気分よくやってもらわなくては。。。

 


意外なことから、また一つ学ばせて頂きました。

これについては、ホント、猛省です。。。

 

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

ではでは~。

【スポンサーリンク】