専業主夫の日々

サラリーマンから専業主夫になった男の日常

【スポンサーリンク】

あれだけ好きだった保育園に、急に「行かない」と言い始めた(-"-;)しかし、そこにはある理由が。。。

新年度が始まってから半月ほど。

桜もほぼ散った今日この頃。

f:id:s2m-k2h5:20160420115240j:plain

いきなり保育園が嫌いになった様子の次女に、頭を悩ませていたが、原因が判明。

今日はその事を書かせていただきたい。

お読みいただければ幸いですよ(^^)/

 

では、書いていきまする。

私の生活の中心は「子供」。

それはもう、言うまでもないでしょう。

 

以前⇩の記事でも書きましたが、

92-output.hatenablog.com

 

もはや、子供のいない生活は、多分無理ですね。

それくらい「子供の存在」は、私にとって、とても大きいのさ(^_^)v

 

だというのに、

なんで私は気付いてあげられなかったのか。。。

f:id:s2m-k2h5:20160420115610j:plain

 

現在、3歳になった次女。

保育園行きがけは、物凄く行きたがり、また帰りたがらなくて、保育園の先生に張り付く我が子を、「どうやって引きはがすか」が毎日の悩みだった。笑

f:id:s2m-k2h5:20160412104901j:plain

 

 

なのに、ここ最近は朝起きて、頭が回転し始めると、一言

「保育園行かない。。。」と言う。

 

子供はすぐ飽きるもの。

早くも保育園に飽きたのか。。。と思っていたが、どうも違うようだった。

なら、何が原因なのか。

全く思い浮かばなかった。。。

 

そんな折、所用で、いつもよりさらに遅い時間(うちは毎日延長している)に迎えに行った。

その時の顔が、表情が、今も忘れられない

そして、私が来たことに気付いた時の、あの笑顔。

ここに原因のヒントがあったのだ。

 

4時迎えが通常の保育園。

3歳くらいのなると、見るのが大分楽になるから(ただの憶測です)か、祖父母が代わりに迎えにくる家庭も多い。

f:id:s2m-k2h5:20160420120252j:plain

親の仕事が終わるまで、祖父母の家で預かってもらうわけだ。

 

しかし、私の親も私達と同じく自営業で、4時頃はまだ忙しく、子供を見れない。

したがって、延長を頼むしかない。

しかし、上記の理由から、保育園の大きい子達は、大半が4時に帰っていく。

 

つまり、

次女は、それを見て、寂しかったようなのだ。

 

同じ年頃の友達は軒並み帰り、残っているのは自分より小さい子達がほとんど。

遊ぶ時も、同年代があまりいない以上、思いっきり遊ぶことは出来ないのだろう。

また、特に仲の良い子は全員帰ってしまうとのこと。

相当嫌だっただろうし、寂しかっただろう。

何故、私は気付いてあげられなかったのか。。。(T_T)

f:id:s2m-k2h5:20160420115610j:plain

気付こうと思えば気付けたはずなんだ。。。

もう、悔しくて仕方ない!

申し訳ない気持ちで胸が一杯でござる(/´△`\)

 

幸い、延長を止めて、定時に迎えに行くようにしてから数日、以前のように、笑顔で保育園に行っている。

やはり、それが原因ということで間違いないようだ。

定時に迎えに行くのは、正直相当キツいのだが、そうも言っていられない。

相当キツいとは言え、不可能ではない。

「なら、迎えに行ってあげるべきでしょ?」と、自分に言い聞かせ、何とかやりくりしてる次第。

 

再び、元気で保育園に行く次女の姿に、胸が締め付けられるようだ。。。

重ねて言うが、

あの「寂しそうな表情」が頭から離れない。

申し訳なかった、と猛省中o(T□T)o

 

 

 

そして、何とか今日も、笑顔で登園して行ったのでした。。。♪ヽ(´▽`)/

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

ではでは~。

【スポンサーリンク】