専業主夫の日々

サラリーマンから専業主夫になった男の日常

【スポンサーリンク】

自宅で一人、黙々と家事を。。。続けていられるかぁ~!!

一種の病気のように、

「家事」に忙殺されてる毎日が続くと、

ふと、「家事って何ですか!?」と、

「やってられるかぁ!!」と叫びたくなりますね~

 

「主夫業」には、大分慣れた。

日々、最適化を図り、毎日の「家事」に特に問題は無い。

 

しかし、

それでも、時々叫びたくなる。

 

「家事という作業を最初にやった奴は誰だ!?」

とか、

 

「家事を完璧にこなしても、やるのが当たり前だから、誰も褒めん!!」

とか、、

 

「俺の美しかった手が、今やガッサガサ~~~!!!」

とか、、、

 

ふふふ。

「やらなければいけないこと」

んなこたぁ、分かってる。

 

それでも、

世間の「主夫(主婦)」の評価、低すぎじゃね!?

やらなければいけないことを、やってやってるのは誰だと思ってんの!?

 

そんなことを思ってしまう私は、いけない子なのでしょうかね。。。

 

実際に叫んだら、近所迷惑になるので叫べません。

なので、

カラオケに一人行って「思いっきり歌う」。

 

これが、私の時々出る持病の対処療法。笑

平日の昼間に、混んでることはほとんど無いので、待つこともないし。

これで鬱憤を発散出来るなら安いもの。

 

しかし、

叫び過ぎると、喉をやられて大変ですが。。。

実際、声がガラガラになり、耳鼻咽喉科へ通った過去がありますよ。笑

 

そんな感じで、

毎日「家事」をこなしていますね。。。。。

 

 

 

最後までお付き合い頂き、ありがとうございました。

ではでは~。

【スポンサーリンク】