専業主夫の日々

サラリーマンから専業主夫になった男の日常

【スポンサーリンク】

「スポンサーシップ・プログラム」って聞いたことあります?何なのかと言うと。。。

女性の幹部登用を進めるためには、

 

一体どうすれば良いのか。

 

 

女性の社会進出を

 

もっと進めるために、

 

クリアしなければならない問題。

 

 

この問題を、解決するための方法は

 

色々あると思うけど、

 

 

その内の一つについて、

 

今回は書いていこうかな、と。

 

 

まず、何で

 

「女性の幹部登用が進まないのか。」
 
 
 
それは、
 
昔から、「働くのが男の仕事」と

 

言い続けてきたことで、

 

 

組織の幹部は男性が

 

圧倒的に多いから。

 

 

しかし、それでは

 

グローバル社会を生き抜けない。

 

 

何故なら、

 

「男性より優れている女性は

 

沢山いる」からだ。

 

 

(厳密には他にも色々あるのだが、

 

一番分かりやすいのは、

 

これだと思うので。。。)

 

 

女性の柔軟な考えは、ときに、

 

男性には考え付かない発想を

 

思いつく。

 

 

今の時代、アイディアは飽和気味。

 

 

そんな中で、女性の意見は、

 

大変貴重だ。

 

 

そんな能力の高い女性は、

 

残念ながら、日の目を

 

見てないことが多い。

 

 

それを最近凄く感じる。

 

 

私は主夫になって、「主婦」と

 

触れ合う機会が、

 

劇的に増えたわけだが、

 

その結果、感じたことが一つ。

 

 

「何でこの人、主婦だけを

 

やってんの!?」

 

 

ずばり、これだ。

 

 

「要領が良い」

 

「機転が利く」

 

「発想が面白い」

 

等々。

 

 

私が経営者なら、間違いなく

 

社員に欲しいと思うような人が

 

ことのほか、多い。

 

 

 

とまぁ、こんな感じで、

 

せっかくの能力を活かせていない。

 

 

この能力を活かせば、

 

グローバル社会を生き抜くことも

 

出来ると思う。

 

 

そのために、冒頭で書いた

 

「女性の社会進出を進めるために、

 

女性の幹部登用を進めなければ

 

ならない」のである。

 

 

そして、その方法の一つが、

 

今回のタイトル、

 

「スポンサーシップ・プログラム」

 

となる。

 

 

では、

 

「スポンサーシップ・プログラム」

 

とは、何なのか。

 

 

それは、、、

 

 

組織内に大きな影響力を持つ役員が、

 

女性を「マンツーマン」で、

 

引き上げるべくスポンサーを

 

務めるというもの。

 

 

 

要するに、

 

幹部が特定の女性社員をサポートし、

 

幹部へ押し上げる、というもの。

 

 

これは、最近色々な企業で

 

効果を発揮しており、

 

既に何人もの女性が、

 

幹部へ昇格している。

 

 

とても、良い傾向です。

 

 

しかし、これも

 

「家事・育児」=「女性」のままでは

 

十分な効果を発揮できない。

 

 

なので、

 

女性のためにも、日本のためにも、

 

男性である私たちが、

 

支えなくてはならない。

 

 

女性が男性を支える、という時代は

 

もう終了。

 

 

時代は「お互いに支え合う」ですよ。

 

 

男性にばかり負担が行っては、

 

女性の二の舞ですし。。。

 

 

何とかして、

 

「家事・育児」=「女性」を

 

払拭したいものですね!!

【スポンサーリンク】